手仕舞いはどうする? 損切りと利益確定

買いポジションを作りました。 さて次にすぐすることは損切りの設定。
買いポジションを作ってからというより買う前にどこで損切りをするかを考えます。

こんなふうに損切りばかりを考えているから買いそこねてしまうことも多いです。

普段からあまり板が厚くない銘柄をトレードしているので買い板がないと損切りができません。
損切りする時に指値をすると損切りし損ねる可能性も大。
なので損切りできる板があるかどうかを確認するのですが損切りできる板がないと
う~~~んどうしようと買いを迷ってしまい、そして買い損ねてしまった時に限ってグングン上げていったりして。

損切りの板もないのに買われるということは損切りするつもりのない人たちが
買上がっているのですからひえ~~~です。こんなリスクを取りたいものです。

そんなことを考えずにすぐに買い判断が出来る程度の板の厚みがある銘柄をトレードすべきですね。

ところで損切りはどの辺に置くかということ、けっこう悩みます。
深いところに損切りを置いて損切りになった時に大きな損切り額になるもの嫌だし
浅いところに損切りを置いてすぐ損切りに引っかかって損切りだらけになるのも嫌だし、困ります。

でも損切りラインを決めないわけにもいきませんので結局適当に損切りラインを設定します。

浅すぎる損切りは小さい損が積み上がり収益をプラスにできなくなることもあります。損切り貧乏ですね。
なのである程度は思い切って深くした方がいいかもしれません。

エントリーがしっかりしていれば、ちゃんとしたポイントでエントリーできていれば
ポジションを持ったとたんにグーンと株価が伸びることが多いです。
ポイントであるはずのところで買っても株価が動かないならポイントではなかったか、注目度が低いかです。
特に午前中の動きのいいはずに時に動かないなら諦めた方がいいかもしれません。
今日は注目されていなかったということで、またいつか。

ポジションを持って株価が上がりました。
さて、損切り(すでに損切りではなくなていると思うのでカット)ラインはどの程度引き上げましょうか。
それもまたまた悩むところです。
株価に近すぎるカット位置だとすぐカットに引っかかり利益を伸ばすチャンスを失うし、
株価からすごく離れたところにカット位置を設定するとせっかくの利益をすっ飛ばして
利益確定となってしまいます。

私は大抵利益をほとんどふっ飛ばして「くやし~~~~~!!」と思いながら利益確定をしています。
せめて最大だった利益の半分ぐらいは確定しようと思ってはいるのですが
根が業突く張りなので大きな利益を取ろうとして撃沈するこも多々あります。
最大利益の10分の1にしてしまったり、ひどい時は損切りになるまでホールドしていたりします。

利益を見ないうちに損切りをするのはそれほど苦痛ではありませんが
一旦利益を見てしまってからそれが減った後に手仕舞いするというのもけっこうヘコみますよね。

なんて言っていたらいけません。やることをただひたすら実行し続けなければなりません。

ちなみにこんなアホな手仕舞いをしていてもプラスにはなりますよ。
収益改善の余地はあると思いますが(汗

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末