始値ブレイクについて

日足チャートを見て下調べをし、寄り付き前の板の状況を見て
今日上値抵抗線を上抜けそうになったり、今日三角保ち合いが上放れそうになった時
どのタイミングで買いエントリーしたらいい?

寄り付きから成り行き買いをする。
始値ブレイクの時(寄り付いてから一旦下げ、また始値を超えて上げていく時)に買う。
しばらく様子見をしてから買う。
板の様子を見て上がりそうな時買う。
下げ止まったのを確認してから買う。

などなどなんでもいいのです。

私が一番よくやるのが始値ブレイクでのエントリーです。それはタイミングが取りやすく入りやすいからです。

でも銘柄によっては始値からズドーンと上げてしまうものもあります。
そりゃあ、きょうが絶好のデイトレ日和になりそうなのですから成り行き買い注文を入れている人も多いし
価格が◯◯以上高く寄り付いたら逆指値買い!という人も多いです。
始値からいきなりすっ飛んでいくこともあります

絶対チャンスを逃したくないという場合は寄り付きから成り行き買いをするということになります。
寄り付きから下がった場合は一旦損切りし、その後始値ブレイクや5分足での三角保ち合い上放れを狙う
のもいいです。

少々下がっても損切り幅を大きく取って頑張ってみる!というのもいいです。
もちろんこりゃダメだの場合は損切りです。損切り額が大きくなりますが。

寄り付きから少しだけ下がり勢いよく始値を上抜けていくというのがやりやすいのですが
これも逆指値を入れておくと便利ですね。

私は板が割と薄い銘柄を取引しているため逆指値を入れておくとどんな価格で約定するかわからないので
いつも手動でエントリーしています。
そのためドンクサクてチャンスを逃すことも多いのですが、多くのポジションを持っても捌ききれないので
ちょうどいいと思っています。

手動でエントリーする時には始値から少し上(2~3ティック上、場合によっては5ティックぐらい)に
指値を最後のワンクリックで入れる状態にして始値が食われるのを待っています。

少し上で指す理由は始値ブレイクは狙っている人が多く注文を指したのに勢いがすごすぎて
注文が取り残されてしまうということを避けるためです。それでもダメな時はダメなんですが。

始値ブレイクでエントリーすると、始値からいきなり急騰する銘柄を買うことはできませんが
始値から下がってしまう銘柄でエントリーせずにすむため損切りトレードが減らせます。

どんどんリスクを取っていきたいという方は寄り付きから成り行き買いを入れるのもいいですし、
もう少し安全に行きたいという場合は始値ブレイクがタイミングがとりやすいです。

銘柄によっては寄付いてからよくわからない動きをして結局入れなかったということもありますが
チャンスはいくらでもありますので自分のやり方をキッチリ決めて毎日同じようにトレードすると
いいと思います。

入れなくて上がってしまい焦って変なところで買うと損切りトレードが多くなってしまいます。
エントリーのタイミングも自分でしっかり決めてトレードして下さい。

変なところでエントリーしないこと。自分が決めたポイント、自分が決めたタイミングを
しっかり守るようにして下さい。

逃してしまったら次のチャンスまで待つこと! 焦らない!

大事ですよ。

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末