上昇ランキング・値上がり率ランキングでデイトレ銘柄を探す

前日、または当日の寄り付き前までに
たくさんの銘柄のチャートをチェックしてもどうしてもデイトレに良さそうな銘柄が探せない日もあります。

デイトレ用の銘柄を探せても、寄り付く位置が悪かったり
思うような値動きにならずエントリーできるチャンスがみつからない場合もあります。

そんな日は私はランキングをチェックします。

ランキングと言ってもいろんなランキングがあると思いますが
私がチェックしているのは前日の終値からの値上がり率ランキングです。(買いの場合です。)

全市場のランキングを上から見ていくと、すでにストップ高に張り付いてしまった銘柄や
すでに前日から10%も20%も上がった銘柄ばかりで上げ過ぎていますので
東証一部、東証二部、マザーズ、ジャスダックスタンダード、ジャスダックグロースと
別々にランキングを見ていきます。

私は新興市場銘柄が好きなのでまずマザーズをチェックします。
全部見るんですけどね、結局。

別々にランキングを調べても上位はもうストップ高銘柄などが並んでいますが
だんだん下位になってくると前日終値からの上昇率が5%や2%と低くなっていて、そんな銘柄が狙い目です。

取り敢えず上から全部チェックします。
その時に銘柄をワンクリックしたら当日の5分足も日足(6ヶ月以上)も連動させて
同時に見ることができるようにすると
今その銘柄がトレードに向いているのかどうかをすぐにチェックすることができます。

上位銘柄から順にピッピッピと、クリックしながらチャートチェックがすばやくできるので
そこでピンと来た銘柄をトレードすることができます

デイトレに適しているかどうかは日足をまず見ます。

日足チャートが上昇トレンドであること、しばらくもみ合っていて(三角保ち合いなど)
値動きが小さくなっていて、今日いきなり上げ出しているような銘柄
あるいは今日上値抵抗線を上抜けた銘柄を選びます。

ランキングを見た時が、ちょうど5分足でも買いエントリーチャンスだった、という場合もありますが
そんなにうまくいくことばかりではありません。
よさそうな銘柄は今日の監視銘柄に入れておき、5分足チャートを監視して
始値から下がっている時は始値ブレイクを狙い、
始値から上がっている場合はもみ合って値動きがなくなるのを待ち、その後上がりだす時を狙います。
押し目を狙ってもいいですね。

値上がり率ランキングに出ていて前日もかなり上げている銘柄もあります。
3日も4日も上げ続けている銘柄もあります。

そういう銘柄はまだまだどんどん上げることもあれば、いきなり急落することもあります。
私はビビリですので2日以上上げている銘柄をトレードすることはほとんどありません。

急落もしていないのに急落すると思い込んでいるのでエントリーできません。
急落しているわけじゃなし、上げているのだから値動きに乗っていけばいいのにとも思いますが
急落の前兆にすばやく対応する能力に欠けていると自認しているので近寄りません。

自分の能力に合ったトレードをすることが大事だと思っています。
トレード技術はだんだんと磨いていけばいいし、それまでは無理をしない身の丈トレードをと思います。

私の判断もドンくさいし、パソコンも私と一緒ですばやく反応しませんので。

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末