東証一部銘柄より新興市場銘柄をデイトレ用に選ぶ理由

トレードをはじめた時、どう見てもマザーズやジャスダックの新興市場銘柄の方が儲かりそうな気がして
新興市場銘柄でトレードをはじめました。

値動きが激しい分、儲かりやすいかわりに大きな損もしやすいです。

もちろん初心者の私は多きな損を繰り返しました。
そして凝りてちょっとだけ東証一部銘柄でやってみようと思いました。

新興市場銘柄で勝てないのが東証一部でも勝てるわけがありません。
結局また新興市場銘柄に戻るわけですが、今は新興市場の方が勝ちやすいと思っています。
(新興市場銘柄で板があまり厚くない銘柄)
たまに東証一部銘柄をトレードしても利益が伸びず微利益だったり、
価格がいっきに伸びないかわりに上下運動だけはしてくれるので手仕舞いさせられ利益を取るどころか
損切りばかりだったりします。

なぜ新興市場銘柄の方がデイトレがやりやすいのか。

それは株価が一方方向にずっと動くことが多いし、株価がビヨ~ンと伸びやすいからです。
動きが単純なんです。上がる時は上がる、下がる時は下がる。

株価10%以上の上昇なんて新興市場ならザラにありますよね?簡単にストップ高にもなります。
それもほとんど押し目も作らずに上がっていくのでポジションをホールドしやすいのです。
ひとつの銘柄で株価の10%以上の利益を出すなんてことも新興市場銘柄なら可能性が高くなります。

投資金額が少なくて利益が伸ばせれば手数料も少なくてすみます。
大きな資金で買ったり売ったり激しく繰り返せば手数料も莫大になります。

ただしデタラメなところでエントリーしてはいけません。
下げポイントで買ってしまったら・・・・・。

激しく下げて大きな損切りになります。
上がるはずのところで上がらない時も下がるのが速いです。
鉄壁の損切りができるようになったら是非新興市場銘柄のトレードもチャレンジしてみて下さい。

ちなみに下げ相場の時は新興市場銘柄は空売りできる銘柄が少ないので
しぶしぶ東証一部銘柄を空売りします。

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末