好きな銘柄に粘着する時もトレンドの方向にだけトレード

「この銘柄好きだ!」

こんな銘柄ありますよね?

デイトレでよく利益が取れるしなんか相性が良いと感じられる銘柄があります。

板の塩梅もよく、金額的にもちょうど良く、動きのリズムもなんか合っている感じです。
きっと同じようなリズムを持っている人がよくトレードする銘柄なのでしょう。

そんな相性が良い銘柄にもひとつだけ注意が必要です。
それはトレンドだけは間違わないようにするということです。

トレンドと反対の、つまり上昇トレンドで空売りをしたり下降トレンドで買いでエントリーしたりすると
利益の幅がとれないばかりか損切りトレードが多くなります。

もし上昇トレンドなら買いポイントだけを探すようにします。

相性が良い銘柄だし、だいたい値動きはわかるし、売ったり買ったりした方が効率がいいじゃないか
と、思われるかもしれません。
確かに後からチャートを見れば売りポイント、買いポイントがわかりますが
実際に価格が動いている時は株価はどうなるのかわからず、トレンドに戻ると考えた方が無難です。

反対方向に動いている時はトレードを控えるようにし、今までのトレンドの流れになるのを待つようにします。

特に空売りできない新興市場銘柄は日足チャートをチェックした時に
どう見ても上昇トレンドとは言えないチャートになっている、ポイントを下抜けている
こんな時は買いエントリーをしないようにします。

ついでにこんな時はチャートは見ていない方がいいです。
いつもトレードする銘柄はいつもチャートを見ていないと気が済まないのですが
見ているとついトレードしたくなってしまいます。
5分足チャートを見ているとつい買いたくなるようなチャートパターンになる時があります。
でも日足チャートがよくないのに5分足チャートで買いエントリーしてもたくさんの買いが入ることは少ないです。
少しはチョロっと上がるかもしれません。同じようなことをしている人は皆無ではありません。

それでも利益はあまり取れないし、損切りの可能性も高くなるし、手数料が無駄になります。
リスクを取る価値はありません。

いくら大好きな銘柄でも日足チャートがよくなければダメです。

私は大好きな銘柄のチャートが気になって気になって仕方がなく
画面の一番端っこのほととんど見ない位置にチャートを表示させています。未練たらしい・・・・・。

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末