どうして監視銘柄がいるの?監視銘柄が必要なわけ

今日、デイトレードしたい銘柄を何銘柄でもいいので5分足チャートを表示させて監視します。
今日監視するのは今日デイトレードのチャンスが生まれるかもしれない銘柄のチャートです。
(私はデイトレには5分足チャートを主に使っています。)
今日エントリーポイントが生まれるチャンスがあるかどうかというのは
デイトレが始まる前、午前9時までにそれぞれの銘柄の日足チャートをチェックして
今日の監視銘柄を決めます。

なんでもかんでもデイトレできるということではありません。
できないことはないのですができるだけ勝てる確率を高くするには
日足チャートがいい銘柄を事前に選んでおくことが大切です。

日足チャートがいいとは
今日陽線が出そうなチャート(買いエントリーをする場合)です。

日足チャートを調べて今日陽線が出る確率の高いチャートの銘柄を選んでおけば
デイトレで勝つ確率が高くなりますね。

日足チャートが陽線にならないくても上髭で終わってしまっても
とりあえずは一回上がりそうな銘柄という感じでもいいです。

で、問題はどんな日足のチャートを選べばいいかということですが
簡単にいうと(買いの場合のみで説明しますね。)

下値抵抗線で反発しそうな感じの日足チャート
上値抵抗線を上抜けそうな感じの日足チャート
押し目で反発しそうな感じの日足チャート
下げ過ぎ感のある日足チャート(これは難しいからオススメしません。)
三角保ち合いが上抜けそうな日足チャートなどなど。

ちなみに私が一番オススメするのは三角保ち合い上抜けそうな日足チャートです。
個人的に大好きです。
5分足でもこのパターンが大好きでいつもこればかり探しています。

三角保ち合いが上抜けそうな日足チャートの銘柄を選んでおいて
寄り付きが高く寄り付きそうなら買いエントリーチャンス到来です。
寄り付きが高すぎてもちょっと困るのですがとにかくこのパターンがわかりやすくておすすめ。

三角保ち合いといってもきれいな三角には見えないかもしれませんが
見慣れてくるとしっかり三角に見えてきます。
無理やり見ている場合もありますが(汗

三角保ち合いとは動きが徐々に少なくなってエネルギーがたまっている状態です。
動きがなくなった状態から一度方向感が出るとどどっと動き出します。

そんなチャンスあふれる面白そうな日足チャートをせっせと探してみてください。
宝探しですよ^^

コメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末