選択した銘柄がいつもハズレばかり・・・?

2015年7月5日

買った銘柄は上がらず、買わなかった銘柄は上がっていって、
なんだかいつも、ハズレ銘柄ばかりトレードしているような気がする・・・・。

はい、私もです。

この原因は

勢いよく上がる銘柄は、買いにくく、注文を入れても取り残され、
エントリーするのが怖くて一瞬躊躇するような銘柄が多い。

それほど上がらない銘柄は、買いやすくて必ず買えてしまう。
そして、株価もお手頃価格に見えてしまう。

買われる銘柄というのはたくさんの人が注目していて
ポイントとなればドドドっと買いが押し寄せます。
ブレイクしてから買おう、とのんびりしていると
ポイントの価格の板はあっと言う間にかっさらわれてしまい、株価は噴き上げ
もう後の祭りです。

買えてしまう銘柄というのは、のんびりしていてもそんなに買いが殺到してるわけでもないので
買えてしまいます。でも買いが殺到していないので株価は上がりません。

困ったことに美味しい銘柄ほど買えないのです。

デモトレードでは勝てていたのに実践では勝てなくなってしまう原因の一つが
ここにあるかもしれません。
利益が取れる銘柄ほどエントリーさせてもらえません。

利益が取れない銘柄ほどエントリーさせてくれます。まったく、もうっ!!

寄り付き前の銘柄選択が悪いわけではありません。

寄り付き後に全部が全部、選択した銘柄にエントリーできるわけではなく
どうしてもエントリーの時点で寄り付き前に選択した銘柄をさらに選択をすることになります。
その時の選択で、腰が引けていると元気のない銘柄を選択しエントリーすることになってしまいます。

だったら全部の銘柄に逆指値で注文を入れ、寄り付き買いをし、
少々?!の含み損は我慢をし、こりゃダメだの銘柄だけを損切りし、放置!

と、やってみたいのですが、怖くてできません。

寄りから急落する銘柄もあるので、そんなのが複数あったら、損切りが遅れアウトです。

やっぱり寄り付き時点でもある程度選択しなければなりません。

私達の意識には、どうしてもできるだけ安いものを、安全なものを買いたいという意識があります。
長年の習慣ですから、そう簡単にその意識が消えることはありません。

株価が高い銘柄、強い銘柄、怖い銘柄を選択するように常に意識してしていなければなりません。

より強い、怖い銘柄を優先的に選択し、エントリーの判断を早く、エントリー操作の時間をかけずに!
できるよう、自分を研磨し続けなければなりません。

自信を持って選んだ銘柄です。
掴んだら、少々のことで振り落ちることなく頑張って掴み続けたいものです。

少々の含み損は頑張るぞ!・・・・と大きな損切りになることももちろんありますが、
大きな損切りのリスクを取る価値のあるところです。

しかしまあ、自分がカットした後に上がりだすことのなんと多いことか・・・・。

コメント

コメントを投稿する




コメント内容

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

携帯情報端末