デイトレで最初にやらなくちゃいけない事

よく言われることですが最初のハードルは「損切り」ですよね?
簡単に言うと損切りとエントリーポイントさえしっかりしていれば後は適当な手仕舞いでなんとかなります。
なんとかなるとはとりあえず勝ち続けられるということです。

損切りができるということは例えると高所で作業していても下に安全マットや安全シートが敷いてある、
あるいは安全ロープを身に付けているということです。

作業していて何かあってもとりあえず大事には至らないというと。これなら安心して作業ができますよね?

デイトレではこの事がとても大切です。

徹底的な損切りができないでデイトレをするのは安全マットや安全ロープなしで高所作業しているのと同じこと。
死(退場)と隣合わせのとても危険な作業になってしまいます。

コツコツドカンとはよく耳にする言葉ですが多くの人がやってしまうことですね。これは徹底的な損切りができていないから。
損切りが徹底的にできていないとコツコツドカンの危険性が高くなりますし(危険性が高くなるというよりほぼ退場!)
反対にエントリーできない病にもなってしまいます。

エントリーできない病ってご存知でしょうか。文字通りトレードしようと思ってもエントリーできない状態なのですが
これは大きな損切りをしてしまう恐怖からエントリーさえもできなくなってしまうという状態です。

安全マットや安全ロープがあるなら安心して高所作業をすることができます。
同じ様に徹底的に最初に決めた損切りをする自信があるならエントリーチャンスが来たなら躊躇することなく
エントリーできます。エントリーする時はすでに損切りポイントも頭の中では決まっています。
利益を確定することばかりを考えるのではなくどちらかというとどこで損切りをするかの方を考えています。

損切りポイントが来たら迷うことなく損切りができる!このことができる自信があって初めて
余裕をもってエントリーすることができます。

優位性のあるエントリーポイントでエントリーできたらもちろん損切りをするより利確する確率の方が高いので
続ければ続けるだけ儲かることになります。
(優位性のあるエントリーポイントとはどこかという事に関してはまた改めて記事にしますね。)

楽な方法はエントリーしたらすぐに決済の逆指値注文を入れてしまうことです。このように決済の逆指値注文を入れることを
習慣にしてしまえば損切りを強制的にしてくれるので躊躇して損切りを失敗し損失を拡大させてしまうことはないでしょう。

でもデイトレーダーたるもの損切りぐらいは自分の意思でやり切ってみせる!なんて思いませんか?
私はそう思っているので逆指値は入れていません。そのお陰で大きな損失になることもありますが自己鍛錬と思っています(汗

でも今現在稼げいない人はエントリーしたすぐ後に逆指値注文を入れるのを絶対オススメします。
だって稼げていない人の原因のほとんどが損切りに問題があるからです。
自分で損切りができない人は絶対決済の逆指値注文を入れましょう。

まずは損切りを徹底的にすることです。

ちなみに私は適切な損切りができるようになるまで1年半以上かかっているので大きなことは言えません^^;

損切りがちゃんとできるからといってすぐにトレードをはじめないで下さいね。
「損切り」ともうひとつ「優位性のあるエントリーポイントでエントリーする」ということのふたつは最低しっかりしていないと
勝っているんだか負けているんだかわからなくなっちゃいますから。
優位性のあるエントリーポイントについてはひとつではなくたくさんありますのでそれも今後書いていきたいと思います。

予想しながらチャートを眺める

株は予想で買っては駄目ですがある程度予想を持ってチャートを見ている必要があります。
その予想は1パターンではなくいろんな場合を予想します。

チャートにはチャートポイントが存在します。
前回高値、前回安値、トレンドラインの抵抗線、MA25、VWAPなどなどですが
まずはしっかりとチャートポイントを意識していることが大切です。

日足も5分足もです。

チャートポイントがしっかりとわかっていなければエントリーのチャンスにも
気づくことができません。

その上でどんな事が起きそうか予想(妄想!?)します。

ポイントで下ヒゲを付けたローソク足が2~3本出たなぁ・・・・。
値動きがなくなってきたなぁ・・・・。
ポイントを1回下抜けたのにすぐに戻ってきたなぁ・・・・。

さあ、次はどんな事が起きそうでしょうか?

チャートのこのポイントでこうなったらこうする、ああなったらああする、
と事前に行動を予定しておきトレードサインと思われたらすみやかに実行!
予想通りの動きになったらラッキー!予想と反対の動きになったらすぐカットです。

下のチャートは日本マイクロニクスの日足チャートです。

日本マイクロニクス日足

6000の辺りがポイントのようですね。跳ね返ったりもみ合ったりしていますね。
9/2以降動きが小さくなっていてすぐそばにMA25の黄色のラインがあります。

その時私はこのMA25のラインを上抜けて寄り付いたら面白いなあ~と
ひとり妄想を膨らませました。(笑

でついに9/12です。その日の5分足チャートが下になります。

日本マイクロニクス5分足

縦棒が9時の寄り付きです。
気配値が高かったので私は寄り付き買いをし、しばらく放置です。
結果としては6800を超えた辺りで利益確定をしてちょっと後悔しましたが
面白いように上がっていきましたね。

デイトレではこんな事が起こりそうなポイントやタイミングを探すのが仕事なんです。

チャートの認識できてます?

三角保ち合い上放れを買う
三角保ち合い下放れを売る
上昇トレンドの押し目で買う
下降トレンドの戻しで売る
レンジの下値抵抗線で買う
レンジの上値抵抗線で売る

ここで大事な事はチャートの状況を正確に把握しているかどうかということです。
つまり三角保ち合い、上昇、下降、レンジだとわかるかということです。

悲しいかなチャートの状況が認識出来た時にはすでに相場の様相が変化しだしている
という事も多いのです。

ずっと一定のポイントで上げ下げしていて
よしレンジだなと思って下値抵抗線で買ったら下へ抜けていったとか
押し目をつけながら上昇していると思って押し目で買ったら
もう上昇は終わっていて反落し始めたとか、そんな事だらけ。
どうしてもっと早くわからなかったの~!!とイヤになってしまいます。

上昇とかレンジとか状況が認識出来た時にはもう時すでに遅し!という訳です。
もちろん長く状況が続く場合もあります。

つまりは、いかに早く現在の相場の状況判断ができるかといういう事が大切になってきます。

早期に状況判断をするということが以外に難しいのです。
状況判断があやふやなままトレードに突入するとろくな事は起こりません。
わかりにくいチャートの銘柄はほんとにわかりませんのでトレード対象銘柄から削除!
判断しやすいチャートをひたすら探すんです。

チャートを数見ていると
ココらへんでこんな風になるんでは?とか、
このポイントでこうなってもおかしくないな~とか
なんとなく起こりそうなことが予想できるようになります。

とにかくまずはチャートをたくさん眺めることが必要です。
早く稼げるようになるためにはできるだけ多くのチャートを見ることです。
リアルタイムの5分足チャートを見て、どこでグングン上昇し始めるか観察するといいです。
なんでこんなところで?というポイントもありますが
大抵はああ、やっぱり!というポイントです。

そのうちに面白いようにわかってきます。

しっかりチャートの状況判断ができてから一番上に挙げたオーソドックスな方法を
実行しましょう。

デイトレで勝てないってどんな時?

株を8年以上もやっているといろんな事があります。
もちろん最初の頃は全然勝てず、株で勝つことなんて不可能では?と思ったこともあるし、
勝てるようになってからもなんか調子が悪かったり、
利益が出しづらかったりすることもあります。
そうかといえばあれよあれよと利益が出ることもあります。

勝てない時は落ち込みますし、ちょっと前まで勝っていたのがいきなり負けだすと
激しく落ち込みます。

でも長年デイトレをやっていると調子のいい時とイマイチ調子の上がらない時がある、
ということがわかり今ではこんなもんだと気楽に構えることができるようになりました。
当たり前と言えば当たり前ですが負けず嫌いの性格が災いし
受け入れるのにかなり時間を要しました。
月が変わると「今月は先月よりもっと稼がねば」と頭がガッチガチだったのです。

いろんな経験もしましたし、対処法もいろいろ考えてきました。
今ではちょっと調子を崩してもすぐに立て直すことができます。

株で勝てない原因はほんとに数えきれないぐらいあるんではないでしょうか。

私なりに株のデイトレで勝てない時の事をいろいろ思い出してみようと思います。

まず1番はじめ、株のやり始めの時はやり方を理解していない!
ということがあると思います。
多分多くの人が株のデイトレを始める前には本を読んだり、ネットで調べて
勉強をするでしょう。
そしてやり方が分かったつもりではじめてみても全然期待するような結果にならないのです。

三角保ち合い上放れを買う
上昇トレンドの押し目で買う
下降トレンドの戻しで売る
レンジの下値抵抗線で買う
レンジの上値抵抗線で売る

など買い方や売り方はわかっているはず、なのに全然勝てない。
本に書いてあることはウソか?!?!なんて疑心暗鬼になることも。

・・・・・・・・チャートの読み方に原因があるんですね。

続く

デイトレしやすい銘柄とは?

何千もの銘柄がありますが、デイトレしやすい銘柄もあればデイトレしにくい銘柄もあります。

トレードする人がいなくて板がまばらで
ひどい時は1日中トレードが成立しないような銘柄もありますのでそのような銘柄は削除します。

反対に板がぶ厚くたくさんの注文がなければ1ティック動かないような銘柄も削除します。
板がぶ厚くても人気があり人がたくさん集まっている銘柄はデイトレ銘柄になります。
このような銘柄はポイントで大きな買いが入りますのでそれを合図に追随すると
勝ちやすいです。

サイバーAの板

私は個人的にはマザーズやジャスダックの新興市場銘柄で
板は多過ぎもせず少な過ぎもせずどちらかというと少ないかな、という程度の銘柄を
好んでトレードしています。
なぜかというと値動きが激しいからです。

DMPの板

あっと言う間に利益が伸びることもあるかわりに
あっと言う間に大きな含み損になることもあります。

チャカチャカと俊敏にトレードするタイプではないので時たま大きな損切りをすることもありますが、
ポイントを間違わなければ旨味が大きいので私はずっと新興市場銘柄をトレードします。

でもこれからデイトレをはじめるという方には東証一部銘柄をオススメします。
そんなにビックリするほどの損切りをしなくていいので。

デイトレは怖い?

短期トレード(デイトレード)は危険と思っている人も多いかもしれませんが
損切りを小さくできるので短期なほどリスクが小さいです。
リスクが小さいので利益もコツコツと積み重ねなければなりませんが
最初からスイングトレードするのが一番怖いと思いました。
(実際私はスイングトレードから始めて散々な目に会いました。( > < )

デイトレにしてリスク管理するか超長期トレードにして配当や優待を楽しむか
極端の方が最初は安全だと思います。
中途半端なタームで始めてしまうのが一番損するような気がします。
チャートの見方などが慣れてきたらスイングトレードにするというふうに
トレードタームを長くしていくといいんではないかと。

特に私のような時間に余裕のある主婦なら
デイトレでたくさん練習することができます。
長期トレードをすると売買タイミングが少ないので短期間に練習できませんし、
損切りもそれなりに大きくしないといけないので精神的にもしんどいです。

もちろん練習期間はリアルにトレードするのではなく
ここで買ったつもり、ここで売ったつもり・・・・というように
エアトレードをした方がいいです。

最初からデイトレで勝てることはありません。(一部のセンスある人を除き)
まず負けるので勝てるようになるまでの練習期間はエアトレードをした方が
無駄な損失を積み重ねないのでいいと思いますが、
勉強代だと思って実弾をぶっ放しちゃってもいいかも。
(私は痛い思いをしないと凝りないタイプでした。お陰でかなりぶっ放しちゃいました。)

トレードをストップさせる

一定の金額以上の損失をだしたらその日はトレードを止める。
というようにルールを設けているトレーダーさんもいます。
ルールを作るというのは感情に流されるトレードを避けるのにいいと思います。
自分の感性・経験に従って状況判断してトレードできればいいのですが
どうしても自分の都合のいいように判断してしまうのが人間です。
そのことを踏まえた上でルールをつくってしまうというのはとても有効ですね。

損失を出すとどうしても取り返そうとして過剰トレードをしてしまいがちです。
過剰トレードによって損失をより大きくしてしまう可能性が高くなりますので
一定額の損失を出したらその日はもうデイトレをやめる!としたらいいですね。
損切りが多くなってくるとやはり冷静ではいられません。

と、言いつつ私はトレードをストップさせません。
メンタルの訓練とか言ってデイトレを続けます。
目標は利益が出ようが損失を出そうがいつも同じトレードをすること!
言うは易く行うは難しですが自分とゲームをしているようです。

損切りの後にしがちな事

人間、いつもいつも平常心でトレードできるというものではないんですね~。
あっ? 私だけでしょうか? みなさん平常心ですか?

私はトレード毎に心を乱されています。
利益が出れば失うまいと思ってしまいすし、損失が出れば取り返そうと思ってしまいます。
これでは冷静なトレード、正確な判断に支障をきたすことになります。

いちいち結果に反応しないようになるのが理想ですが
感情豊かな(本能的な?!)人は感情をコントロールするのが大変です。

利益が出た後、その利益を守ろうとしてトレードしなくなったとしても
トレードチャンスを逃すだけで損失は出ません。
トレードチャンスを逃すということも損失と言えば損失なのですが。(機会損失)

問題の大きい方は、損切りの後です。
損失を取り返したいと思うのは私だけでなく多くの人がそう思っていると思います。

で、損切りを何回かした後によくすることと言えば
ダボハゼトレードです。(ところ構わずエントリーすること)
普段ならばエントリーポイントでもないところがエントリーポイントに見えてしまうんです。
待てなくなるんです。
なんとか損失を取り返そうとする感情が
意識上にはっきり浮かんだり、たとえはっきり意識されてなかったとしても
微妙に判断に影響を及ぼしてしまいます。
その結果いつもと違うトレードを繰り返して過剰トレードになり
損失をさらに大きくし、結果的にその日のデイトレ結果は惨憺たるものに・・・・・。

なのでこうなりやすい(損切りの後はダボハゼトレードをしやすい)
という事を頭の中に常に入れておくことも大事だと思います。

損切りをした後に取り返そうと思っちゃうことは普通のことですし、
本当は思わないようになれば理想なのですが、私のようにどうしても思っちゃうという場合は
自分の傾向を理解した上でその後をコントロールしていければと思います。

損切りが重なって損失が大きくなった時はよりいっそう待つようにします。
これもまた難しいんですがね~^^:
難しいなんて言っている場合じゃないですからね。

デイトレとは待つこと

デイトレのイメージは買ったり売ったりを激しく繰り返して
利益を積み重ねることのように思われるかもしれませんし、
実際そのようにして稼いでいらっしゃる人もいるでしょう。
ゲーム感覚でデイトレする人もきっといるのでしょうね。

私はそんなに速く判断したり機敏に行動したりできないタイプだと思っているので
ひたすらチャンスを待っています。
チャンスというのはできるだけ勝てる確率の高いポイントでエントリーできる瞬間が
来ていると確信する時のことです。
確率の高いポイントというのは私の鉄板ポイントです。
一番得意とするチャートが形成されている時です。

もちろん鉄板パターンでも損切りしなければならない状況になる時もあります。
でも得意パターンの時は勝つ確率が高いのでひたすらその時を待ちます。
待っていることがデイトレだと思っています。

「待て!」を躾けられたワンちゃんはとてもよく訓練されているなあと思いますし、
デイトレでもしっかり訓練しないと待つことができないです。
(訓練していても待てなかったりしますが・・・・^^;)

デイトレは訓練が必要です。
いきなりはじめて勝てるなんてことはないと思います。(一部のセンスある人を除いて)
「待つ」という訓練は簡単そうで以外に難しいです。

14 / 14« 先頭...1011121314
 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末