利益を引っ張りすぎてもダメ

2016年2月27日

利益はどんどん引っ張りましょうと言われますが
過ぎたるは及ばざるが如しという言葉もあります。(ん?ちょっと違うか。)
ただ引っ張りゃいいってもんじゃありません。

私は利益確定をしません。特に大きな損切りトレードの後はますます利益確定をしません。

損失→取り戻してやるぅ!

すっかりこの感情に取り憑かれています。

感情に支配された思考や判断はデイトレではいい結果には繋がりません。

なので、しっかりルールを作ってルールを守る、ということがデイトレーダーを守ってくれる
たったひとつの方法になります。

私はエントリールールも守り、損切りルールも守ります。
でも利益確定のためのルールは超適当です。
守ってくれるルールを明確に作っていません。
なので感情が入るとたいがい悲しい結果になります。

モルフォの日足チャートです。

モルフォ3653 前日

このチャートを見てどんなことを考えますか?

私が考えたのはラインを1本引きまして

モルフォ3653 前日ライン

高値を切り下げてきて、安値も切り下げてきて一応下降トレンドです。
ですが、黄色のライン(上値抵抗線)を上抜けてきたらブレイクですよね?

この黄色のラインの上で寄付いたら始値ブレイクで買おうかな~♪
ここ2~3日モジモジしているし楽しみだな~♪
この黄色のラインの下で寄付いたら戻り売りの位置かな~♪
でも私は逆張り屋さんじゃないので、下で寄付いたらスルーしよ~っと♪

で当日の日足チャートですが

モルフォ当日ライン

寄り付きの位置はちょうどラインの辺りで微妙~です。
ローソク足の状態から、上がって下げたということがわかりますね。

そして5分足チャートです。

モルフォ5分足チャート

このチャートを見てどこで買いエントリーをしますが?
できてしまったチャートを見ると一目瞭然ですが^^;

モルフォ5分足チャートポイント

寄り付きの位置が上値抵抗線をブレイクしているんだかしていないんだか微妙~なのですが、
この銘柄は元気な時は元気になるので、一旦下って上げてくるなら、よし!下げないということで
始値ブレイクで買いエントリー・・・・・するも失速して一旦退却。
その後も何度も買いエントリーしては退却。
(このさっさと退却してしまう即逃げ癖は松井さんが手数料無料だからです。変な癖がついてしまいました。)

そして麗しい三角保ち合いが出来上がりました。
喜んで三角保ち合い上放れで買いエントリーです。

で、見ていると5分足が確定する前にビビリトレードになるので寝ます。

で、利益確定はどうするのよ?

私はよく利益を放置していて損切りになるまで引っ張り、後悔します。
なので一応1000円ぐらいはもらっとく、というルールを作りました。^^
含み益が出たら、損切りにせずに利益確定をしましょうということです。

モルフォはいい調子で上げていくので、私の頭はストップ高貼り付きのイメージでいっぱいです。
たいがいおめでたい頭です。

このトレードの前に損切りをしているので、ガッポリ取ってやるっ!と感情むき出し状態です。

冷静な時は
矢印Aの上髭が出た時点で諦める
矢印Bの高値が上抜けないで下げだしたところで諦める
矢印CのMA25を下抜けちゃったところで諦める

などポイントのどこかで判断しますが、
感情丸出しの私は、「ええ~い、1000円になるまで勝負じゃっ!」とか言ってます。
そしたらしっかり矢印Dのあたりで1000円いただくことになりました。

利益はいくら引っ張っていてもいいという先入観がある。
高値を見た後は、どうかお願いもう一度高値まで戻って(-人-)という気持ちがある。
ショボイ利益なんかいらね~わ~っ!と投げやりになる。

これが利益確定できない原因の気持ちなんです。

下って下って、もうダメのところでやっと手仕舞いする・・・・・これって何かに似てませんか?

そうです。損切りです。

お願い戻ってと祈りながら下げて下げて、もうどうしようもないところで観念して泣きながら損切りをする。
上記の私のやっていることはとても似てますね。似ているどころかまったく同じです。

カッカカッカしてたり、やる気満々になっている時はチャートを見る目がおかしくなるし、判断もおかしくなります。
なのでシンプルなルールを作って守ることが大事なのです。

例えば、何%上げたら利益確定するとか、最高含み益から何%下ったら利益確定するとか
そういったシンプルなルールを作って守る方が守りやすいですね。

腹が立っているチャートを見て、AだのBだのCだの・・・・冷静に判断できますか?
判断できても余計な願望や希望を持たずに冷静に行動できますか?

エントリールールも損切りルールも利益確定ルールも、だからシンプルな方がいいのです。

もっとも腹が立っている時はシンプルだろうがなんだろうが破りがちになるのでトレードをお休みした方がいいです。
シンプルなルールも守れない状態なのに複雑なルールなんてますます守れるわけがない。

でも1000円はちょ~だいする、というシンプルなルールだけは守るんです。^^

またまた空売り日和

2016年1月21日

今日も朝からイソイソと空売り銘柄をいっぱい用意♪♪

チャートは4つとも前日までのローソク足です。

アイリッジ3917日足チャート前日

日新薬4516日足チャート前日

科研薬4521日足チャート前日

PCI3918 日足チャート前日

その他大勢。

最後のPCIのチャートは安値ラインです。
安値割れ♪安値割れ♪

前日の20日に指数なども大きく下げていましたのでちょっと注意が必要なのですが
構わず今日も果敢に売ろう!!!!










と思ったのですがそういうわけにはいかず、
昨日の下げ後で、今日の午前中は反発上昇していきました。

ありゃ~、今日は空売りの日じゃなかったねと様子見していると
全体的に午前中に上昇ムードだったのが後場になって下げ下げムードアゲイン!

臨機応変派でない私はもちろんついていけません。。。○| ̄|_

後場のポイントを下抜けてきてもダダ下がりでタイミングが掴めずお見送り(TT)
5分足でも三角保ち合いが出現してくれなければ売れない私はズルズル下がりが売れません。

もちろん戻りも(笑

ま、今日もなんでも売ってりゃいい日なんですがね。後場が。
どんな日足チャートでも指数と連動して神経質に動いていますね。

空売り日和の日

2016年1月20日

よく下げましたね~。

なんでも売っときゃいい日でしたが、そんなことは終わってみなければわかりません。
朝から売り日和の日だとわかっていれば誰でも売って大儲け!

終わってみなければわからないのがムズカシイところ。
どっちに転んでもいいように、

下げる日のために売り用の銘柄をピックアップしておきます。
上げてもいいように買い用の銘柄をピックアップしておきます。

今日は私もたくさんの売り銘柄を用意しました。^^

ニトリ9843 日足チャート

ヤクルト2267日足チャート

日本触媒4114日足チャート

ワコール3591 日足チャート

それぞれ一番右側のローソク足が今日のローソク足なのですが、
こりゃ~空売りでたくさん儲けれただしょ・・・・・・。

・・・・とはならないのが私。

寄り付き前に前日終値、安値の下で寄付いたのがすぐにわかるように下の方に
適当にアラートをセットしておいたのですが、
寄り付きはどれも「下抜けた」位置とは言えず、まだもみ合いの中の微妙な位置。
そこからしばらく上げた後に日経平均や指数などと仲良く下げていったわけですが、

新興市場銘柄の買いが好きな私はまず、買い銘柄を見ています。
(だいたいからして売り銘柄の初動には乗れない。)
その後しばらくたってアチコチでアラームが鳴るわけですが
アラームが鳴った時点ですでに下落していて
東証一部銘柄を追いかけて売ると戻しでやられるしな~・・・・と
あーだこーだ入らない理由を考えてはビビリ様子見で追いかけられず。

唯一寄り付きからアラーム鳴ったのがこれ

NIPPO1881日足チャート

いい位置で寄付いているのですが、5分足チャートを見て下さい。

IPPO1881 5分足チャート

瞬間ドヒャっと上げて長い上髭。これでビビリ、板の薄さにビビリでエントリーできず。
ビビリの私には取れないリスクでございまいした。
どうか勘弁して下さいm(__)m と逃げました。

というのも、実は前日に同じ様に日足のもみ合い中に入って
多めの損切りをしていて凝りていたのです。

多めの損切りをした後に、取り返そうとしてますますエントリー過多になって
無駄トレードを連発して損切りを積み増し、爆損をするよりはマシですが、
凝りてやるべき行動できなくなるものも問題です。

デイトレーダーは、懲りない、めげない、しつこく繰り返す!

ですね。。。。パタリ。。。○| ̄|_

空売りで狙いたい日足チャート・東和薬品4553

2016年1月14日

東和薬品4553の日足チャートですが
一番右の14日のローソク足と右から3番目の12日のローソク足が
空売りで狙いたい日です。

東和薬品4553 日足チャート

赤ラインは下値支持線です。
下値支持線の上でローソク足が小さくなってモミモミもみ合っているのが好きです。

高値が徐々に低くなってきて、ついに下値支持線を割れる!!
こんな東和薬品のような日足チャートが一番好きです。
下値支持線は水平なのがわかりやすくて好き。
5分足チャートでもこのような形になった時に空売りで狙います。

12日は下値支持線を割れたら狙いたい日
14日は、13日に小さいローソク足で1日揉んでいるのでその翌日ということで
狙いたい日。

ちなみに下値支持線と週足チャートです。

東和薬品4553 週足チャート

高値と安値が結べますね。

そして12日の5分足チャートと下値支持線です。

東和薬品4553 5分足チャート12日

微妙なところで寄付いてくれて上下した後、下へ・・・・。
私の好きなパターンにならずエントリーできず。

そして14日の5分足チャート

東和薬品4553 5分足チャート14日

寄り付きが高くそのまま下へ・・・・・。またもやエントリーできず。
前日の終値、できれば前日の安値より低く寄付いてくれるとやりやすい。
などと言い訳ばかりつらつら並べてちっともエントリーしていません。(T▽T)

高値がだんだん低くなってきて、ついに安値割れ来た~~~♪♪♪

これです!コレコレ♪

好きな空売りの日足パターン 任天堂

2016年1月12日

私の好きなチャートパターンなのですが

任天堂7974日足チャート前日分

ストーンと下って、上髭出して2日ほどモミモミ。
ちょっとくらい這い上がりたいんだけどむ・む・無念じゃ・・・・と言っているような日足のローソク足。

そして今日のローソク足です。

任天堂7974日足チャート

陰線です。空売りで取れそうです。
5分足チャートです。

任天堂79745分足チャート

始値ブレイクで♪・・・・・・という言うわけににはいかず、寄り付き後は上下にモミモミ。
5分足が確定した後ぐらいに慌てて空売りをし、慌てて買い戻して薄利(TT)
ホールドできていたとしても6本も陽線が出てかなり戻しているので薄利には違いありませんが、
やった行動がダメダメです。ダメダメトレードです。
任天堂の日足チャートはしっかり粘ろうと思えるような日足チャート、情けなし。

朝ごはんを食べながらモーニングサテライト見て、中国ヤバイなどと余計なニュースなど聞いちゃって
ますますビビリに磨きがかかり、このザマです。

10時15分になったらまた中国に影響されてエライことになるかも!?!?とか
頭の中は恐怖だらけですのでまともなトレードは出来そうにありません。

一度被った色眼鏡は外せない。

東証一部銘柄は先物に影響されるし、最近はまたちょっと神経質な動きになっているし
へっぴり腰で情けないトレードにがっかりしていると
終わってみれば新興市場銘柄も下げ下げ、またしても銘柄をハズしてがっかり。

任天堂の日足チャートでもいいですが、じっと見ていると「ここなら空売りしやすそうだな~」
という部分が何ヶ所かあると思います。
19000を割ってくるところとか、16000を割ってくるところとか。

そういう日になるまでじっと待つことが大切です。
わからない日は手を出さない。

じっと待ってもチャンスを掴まなければ意味ないですが・・・・orz。。。

シンプルトレード

2016年1月11日

「稽古とは一より習い十を知り十よりかへるもとのその一」(千利休)

お稽古事や習い事を1から10までせっせと学び、そこで満足してしまうと
その人の進歩はそこでオシマイ!

10まで学んでその後また1に戻ると最初に1を学んだ時には学べなかったことを学ぶ。

こんなニュアンスでしょうかね。

最初にやっと勝てるようになったたったひとつの手法、ブレイク狙い。

買って、買って、買って、買って、損切りして、損切りして後は寝るだけ手法。
日足チャートは一生懸命見ていましたが、場がはじまり、ポジションを持ったら
損切りするか、寝て放置するかですので日中の5分足はほとんど見ることがありませんでした。

目では見ていても、チャートの形を観察したりポイントを意識したりということもなく
ボーっとしているだけ。

進歩なし。

習い事の1から2ぐらいまでを学んで1だけやっている状態が続きました。それも長年。

少しは芸(手法)を増やしたい、投下金額が大きくなって緊張して寝ていられない、
と、5分足を観察するようになり、いろいろなポイントが見えてきてこれもいけそう、あれもいけそう・・・
などと妄想は膨らむのですが生来のビビリのためほぼ実行できず。

習い事の1から3ぐらいまでを学んで、なおも1に固執。

ほぼ進歩なし。

千利休さんとはドえらい違いですが、
こんなでも勝ち始めた時の1と今の1とでは違う気がします。(お願い、違って)

勝ち始めた時の1も今の1も、勝てているのだから進歩してようがいまいが関係ないような気もしますし
進歩する必要もないような気がします。
取り敢えず1を学んで1を実行できたらそれでよし。

ですが、勝ち始めた時の1は、ただ勝てるようになってうれしいだけのほぼ不安なしの1。

しばらく経つと、うまくいかない時期があったり、腹立つ事が多々あったり、
期待ほどじゃなかったかり、期待通りにならなかったり、
いろんな事を経験したことによる不安いっぱいな1

さらに時間が立ち、こんなこともある、あんなこともあると
いろんな事を経験した後に不安が少なくなった1

やっぱり違います。

少ないことではありますが、この1の部分だけはお伝えできるぞ♪とブログを書いています。

この1だけでなんとかなるよ、やってみて、という気持ちで書いています。

具体的にお伝えするためにトレードの添削もどきもやっていますが、

送られてくるトレードを見て
なんでこんな日足チャートを選ぶの? どうしてもっとシンプルな日足チャートを選ばないの?
なんでこうなるの? どうして?どうして?

と思い、自分のブログの主にチャートの説明をしている「チャートをどう見る?」部分を読み返してみたら
あるわ、あるわ、余計なチャートと説明が・・・。(汗・汗・汗・・・・

あ”・りゃ・・・・・・

シンプルにシンプルにと口を酸っぱくして書いておきながら
調子こいてわけわからんトレードまでアップしてシンプルにトレードしろとは・・・。

今更ながら、文字でシンプルにお伝えします。

上がっているチャートがもみ合って、次に上げだすところを買いエントリー。
上値抵抗線を上抜けたら買いエントリー。

下がっているチャートがもみ合って、次に下げだすところを売りエントリー。
下値支持線を下抜けたら売りエントリー。

この4行だけなんですが、
上値抵抗線、下値支持線は、数日のローソク足で形成されるものや、
何週間、何ヶ月ももかけて形成されるものがあり
どれを意識して見ているかでチャートの見方も違ってきます。

私とチャートの見方が違っても、トレード根拠を聞いてみればなるほどそんな見方もできるなあ、
でも私はそんな見方はしないな・・・・とか。

しばらくのメールのやり取りでチャートの見方が私と似た感じになり、あ、こりゃいけそ♪と思えてきたり。

ただの趣味ブログですが、自分以外の人の変化を身近で感じられて嬉しく思う今日この頃です。
素直にきいて下さって感謝! ありがとうございます。^^ 楽しいです。

はっっっっ!!Σ(°д°lll)    私も進歩しなくっちゃ・・・・・

MA25下抜けの売り・MA25上抜けの買い

2015年12月15日

トレンドの方向と同じ方向へ仕掛けるのがデイトレの基本ですし
トレンドの方向と同じ方向へ仕掛ける方が負けにくいです。

日足チャートですが

上値抵抗線上抜けや下値支持線下抜けがいいよとオススメしています。

それとは別に
MA25の上抜けやMA25の下抜けもチョボチョボとオススメしていますが、
MA25上抜けやMA25下抜けはトレンドの方向に沿ったトレードではありません。

さんざん今までトレンドに逆らったトレードはするなと書いておいて何よっ!って感じですが
MA25抜けのトレードはちょっと別腹にして下さいね。

MA25上抜け、下抜けは
あれっ?なんか流れが変わるかも!のところのトレードです。

上昇トレンドだったもの、または上の方でモゾモゾもみ合っていたものが
MA25の下抜けがキッカケで上昇トレンド、または高値圏でのもみ合いから流れが変わるかも?!

下降トレンドだったもの、または下の方でモゾモゾもみ合っていたものが
MA25の上抜けがキッカケで下降トレンド、または安値圏でのもみ合いから流れが変わるかも?!

そんな日足チャートを狙っています。

ライオン日足

例えばライオンのAのポイントやBのポイントです。
Aのポイントは上昇していたものが高値を抜けず下落し、MA25を割ってきたら「あらっ?」
と思います。(あんまり美味しそうなローソク足になっていませんが 汗)

Bは以前紹介した通りです。

上昇トレンドではMA25が支持線になって反発することが多いのですが
MA25ピッタリで反発したり、MA25にタッチしないで反発したり、MA25を少し下抜けて反発したり
することがあります。

なのでMA25下抜けだけでは売るのはちょっとイマイチと思い、
Aのように、高値圏での「M」の字のネックライン下抜け、
Bのようにもみ合い下抜け、など他の根拠もあれば売りやすいです。
(だったらフツーにネックライン割れ、もみ合い下抜けの売りでいいだろうと突っ込まれそうですが
トレード根拠はやはりたくさんあるにこしたことはありません。汗)

フリークアウト日足

AのポイントがMA25を上抜けて寄り付いています。どうみても下げトレンドです。
ですが、MA25を抜けたことで流れが変わるかもということで
始値ブレイクなどチャンスがあれば入りたいポイントです。

私がデイトレをはじめたのは新興市場銘柄が下げ下げでした。
そして長期に渡る連敗を経てついに新興市場銘柄の下げが止まり、上げ出した時にこの形がたくさん出現し
あちこちの銘柄で収穫できたのでした^^

フリークアウトの場合はAのMA25上抜けで下落トレンドが変わり上昇トレンドになっています。
そうなったら次は恒例の上値抵抗線抜け、三角保ち合い上放れを狙っていきます。

MA25上抜け狙いは1銘柄で1回だけです。流れが転換する時だけです。
普段はあんまりありませんが、時期によっては複数の銘柄がこのような日足チャートを作ります。
あっちでもこっちでもMA25上抜けのタケノコの収穫です。

しばらく上昇トレンドが続いた後はあっちでもこっちでもMA25下抜けのチャンスがたくさんやってくる
かもしれません。

日本スキー日足

AのポイントがMA25を下抜けていますが、MA25下抜けは上昇トレンドの後の高値圏か
高値圏でもみ合っているところを狙いますので日本スキーの日足でのAでは売りません。
日本スキーの日足は中途半端なところで中途半端な動きをしているので
よくわからないのでMA25下抜けでは売りません。

DIT日足

Aのポイントは下落の後のMA25抜けなので狙います。安値圏での「W」のネックラインも上回っています。
ですが、前日、前々日のローソク足がちょっと長めなので悩みます。
その後のBやDでは安値圏ですのでMA25下抜けは狙いません。
Cも何度も何度もMAを上抜けたり下抜けたりしてもみ合い中なので手を出しません。(順張りトレーダーの意地)

MA25下抜けは高値圏に株価がある銘柄で狙います。
MA25上抜けは安値圏に株価がある銘柄で狙います。

中途半端なところはよくわからないのでスルーです。

日足のMA25上抜けと上値(高値)抵抗線上抜け

2015年11月16日

今日は月曜日です。
先週の金曜日のニューヨーク市場が大きくマイナスで終わっていますので
日本市場も大抵低く寄り付きます。

前日のニューヨーク市場が高く引ければ次の日本市場は高く寄り付くし、
前日のニューヨーク市場が低く引ければ次の日本市場は低く寄り付くことが多いです。

今日は9時前の気配値は多くの銘柄で低くなっているのがたくさんありました。
そんな中で気配値が高くなっているのはすごく目立ちます。

マネックスの気配値ランキングから銘柄一括登録したり、
気配値一覧で真っ青(前日より低い気配値)の中、真っ赤(前日より高い気配値)な気配値は
とても目立ちます。

そんな中で見つけたのが朝日インテック7747です。

朝日インテック7747 5分足チャート

寄り付きから始値ブレイクで元気よく上げていきました。
日足チャートはどうなっているかというと

朝日インテック7747 日足チャート

あ、い、うの矢印が高値ですが、3回跳ね返された高値(上値抵抗線)を
キレイに上抜けて寄り付いています。

上値抵抗線は抜けられなければ反落しますが、抜ければ買われるポイントです。
今更ですが、上値抵抗線の上と下でやることを間違えないようにしましょう。

上値抵抗線でも、斜め右肩下がりより、水平なラインの方がわかりやすいですね。
それに注目度も抜群です。(高値抜け)
こんな銘柄を見つけたら飛びつきましょう。

で、私ですが、ちゃんと始値ブレイクで飛びつきました。
ですが、あまりの値動きの激しさに振り落とされてしまいました。
こんなチャンスにガッツリ利益を取るにはガッツリリスクを取っていなければなりません。
リスクを取らない人は利益は取れません。
(注: 間違ってもチャンスでない時にリスクを取りませんように。リスクはチャンスの時のみ)

最大の利益の10分の1ほどの利益をいただいたでしょうか。
取ったリスクの分の利益ですね(T▽T)。リスク応分の利益がもらえます。

そしてもうひとつ気になっていた銘柄は
ヒューマンウェブ3224です。

ヒューマンウェブ3224 5分足チャート

この銘柄は寄り付きが前日の終値よりちょっと低いです。
寄り付き前に気配値が高かったのでこりゃ、行くでぇ~♪とチャートを表示させていました。
ですが、寄り付き直前になって気配値が下ってしまったようです。

気配値が前日終値より低く寄り付いて日中に抜けてしまう銘柄が難しいです。
寄り付き直後を逃してしまっても、Aのもみ合い抜け、Bのもみ合い抜けを
じっくり待ってからエントリーするようにします。

ちなみ板が超~スカスカです。
アラートをセットするのも忘れてトレードできませんでしたが(汗
準備をしても行動しなければなんの準備もしていないとの一緒ですね。

ヒューマンウェブ3224 日足チャート

キレイに抜けていってしまいました。
日足MA25を上抜けて寄り付いてくれると親切ですね。

長~いこともみ合った銘柄 鳥貴族

2015年10月29日

鳥貴族3193の10月28日大引け後のチャートです。

鳥貴族3193 前日日足チャート

長いこともみ合っていますね。こんな銘柄はいつ動き出すのかわからないので
見ているだけ時間の無駄です。

一度上がってからしばらくもみ合っているのは監視する価値があります。
上がったという事実があるので多くの人がしばらく監視しているからです。

ず~~~~~~っと長いこともみ合っているのは誰も見ていないので非効率です。

それなのになんでこんな銘柄を私が監視しているかと言えば、
以前好きでよくトレードしていてそのまま監視に入っていて、
取り敢えず毎日目を通していて、

昨日10月28日にバルニバービ3418という飲食店関係の銘柄が上場したのです。
だから飲食店ツナガリで鳥貴族ももしかして♪♪♪と期待して
28日に見ていたのです。

鳥貴族の板を見て下さい。

鳥貴族3193板

29日の引け後の板ですが、ま、いつもこんなもんです。

スカスカしているし私は100株しか買いません。
ところが1000株とか5000株とか買ってくる人がいるのです。
私はちょっと大きめの買いが入るとついていきます。

何かいいことあるかも♪と。

28日の午前中に大きめの買いが入り、チャートも日足チャートがMA25を上抜けそうなので
私も100株だけで追随しました。

ところが上抜けずに垂れました。5000株も買った人、どうするんだろ・・・・・?って。
私は100株だけなので適当に逃げました。

そして29日の5分足チャートです。

鳥貴族3193 5分足チャート

28日の午前中に大きな買いが入り、5分足も三角保ち合いが抜けているのがわかると思います。
でも抜けずに28日は失速しました。

29日はとても美しく始値ブレイク。のんびり銘柄なので始値ブレイクものんびり入れます。
28日に上場した飲食店関連のバルニバービは28日には失速しましたが、
29日には早い時間からストップ高に張り付き、そのまま張り付いていました。

なので鳥貴族も♪♪♪(膨らむ妄想♪)

ということで29日も喜んで始値ブレイクでエントリー。もちろんたった100株。

1日中順調に上げ続けていきました。
しっかり利益が取れたハズ・・・・・






ところがですね。

先物から、日経平均から、指数から、すべて午前中は下げ下げでしたので
とっとと逃げてしまったのです。

内需株は指数に逆行することも多く、なので私はこういう銘柄を好んでトレードしているのですが
やっぱり流れに逆らうのは怖い!

ということで微利益でした(TT)

リスクを取らねば利益はとれません。

鳥貴族3193 日足チャート2

エントリーしやすいチャートの形とエントリーしにくいチャートの形

2015年8月10日

エントリーしなきゃ、しなきゃと思っていてもチャートの形は様々。
エントリーしにくい形もあれば、エントリーしにくい形もあります。

これこそやる気次第で、鼻息フンフンの時はちょっとぐらいエントリーしにくくても
果敢に突っ込みますが、ちょっと寝ぼけていると全然行動できません。

今日の私の行動できた(エントリーできた)銘柄と行動できなかった(エントリーできなかった)
銘柄です。

まずエントリーできなかった銘柄はスノーピーク7816です。

スノーピーク7816 日足チャート

日足チャートは上昇なのか下降かのかわかりません。
だいたいわからないと思っているのに今日のトレード銘柄に選択している時点でバツですね(汗

でも日足のMA25を超えたら面白そう。
三角保ち合いを形成しているので上か下かどちらかに抜けそう。

そう思って一応チャートを出して監視です。

スノーピーク7816 5分足チャート

そして寄り付きは前日の終値の辺り、ますますよくわからない寄り付きです。

取り敢えず、上に行った時と下に行った時のため用に両方のアラームをセットしました。
寄り付きからちょっと時間を置いてスコーンと下がりました。
青いラインのアラームが鳴った時にすぐに注文入れれば間に合ったかもしれないタイミング。
でもまだまだ微妙なところに株価があったのでスルーしました。
その後すぐにドド~んと下がりました。

日足も上か下かどっちなのよ~というチャートですし、5分足チャートも中途半端な寄り付きで
躊躇、躊躇のスルーです。

鼻息が荒い時はこんな感じでもソレいけ~なんですが、今日はお上品でした。

ソレいけ~とエントリーしたのはテラスカイ3915という銘柄です。

テラスカイ3915 日足チャート

赤で15000円の辺りにラインを引いています。
以前にも何回もその辺りで揉んだり、跳ね返ったりしています。意識されている価格だな~と思いました。
3日程前に一度下抜けていますが、頑張って戻ってきています。
でもちょっと頑張っただけでジワジワローソク足が小さくなって15000辺りをウロウロ。
反発できないでいます。反発できない ⇒ 弱っちい?? ♪

テラスカイ3915 5分足チャート

寄り付きは見ていませんでしたが、取り敢えず15000の下です。
寄り付いた後、価格はそのままで売り板が少し出ました。
すかさず下の買い板に売りぶつけら、それを引き金にドドっと落ちました。 快感のひとときです^^
約定回数は少しなのですがなんせ板がスカスカなのでスルスルっと落ちてくれます。

スカスカ板の銘柄は方向さえ間違わなければとても美味しいです。

こんな感じで寄り付き後もそれほどせわしなく、板の援護射撃があるとエントリーしやすいですね。

1 / 41234
 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末