2015年 IPO挑戦のまとめ

2015年12月28日

もうじき2015年が終わりますね。

2015年の6月からIPOに挑戦しようと抽選に申し込みまくりました。

最初の6ヶ月間は散々でしたが、後半にラッキーな当選があり、
そこそこの利益も出て楽しかったです。

2015年6月のグノシーからはじまり、それから64銘柄ほどが新規上場し、
その中の11銘柄が当選しました。

前評判が悪いのも良いのも全部申し込みました。

まとめ

7月

デクセリアルズ(大和証券で当選)     1600円   初値 1550円   -5000円

8月

メタップス(SBI証券で補欠繰り上げ当選) 3300円  初値 3040円  -26000円     
  (地合い最悪のチャイナショック中、SBIで補欠繰り上げ当選してしまい、当選したのも知らず翌日気が付き-66000で売却)

10月

グリーンペプタイド東海東京証券で当選)  450円   初値 414円    -3600円
  (売却手数料高い)

パートナーエージェント(SMBC日興証券で当選)1260円  初値 4000円 +274000円
  (チョビっとだけ様子見して4080円で売却して+282000円)

 
ゆうちょ銀行(野村證券、大和証券、SMBC日興証券、東海東京証券、HS証券で当選、うち300株購入)
                   1450円   初値 1680円    +23000円

  
かんぽ生命(大和証券、みずほ証券、SMBC日興証券で当選)
                   2200円   初値 2929円    +72900円

日本郵政(野村證券、大和証券、SMBC証券で当選)
                   1400円   初値 1631円    +23100円
  (郵政グループはそれぞれ300株ずつ購入し、
   上場日、2日目、3日目に売却して+578100円)

11月 

ベルシステム24(SMBC日興証券で当選) 1550円  初値 1478円    -7200円
  (SMBC日興証券は私分と主人分が当選してしまい、私分はキャンセルし、ペナルティ中)

いちごホテルリート投資法人(SMBC日興証券で当選) 
                   106000円  初値 104100円  -1900円

12月

フリュー(みずほ証券で当選)    3200円   初値 3220円     +2000円

ケイアイスター不動産(大和証券で補欠繰り上げ当選)
                  1200円   初値 1282円     +8200円
  (ネットで調べたら補欠の繰り上げ当選はほぼ確率0とありましたが自分で試したかった。)

こんな感じでございまいした。

ということで当選分を初値で売ると2015年は
マイナス分が全部で43700円、初値の公募割れの金額は知れてます。
プラス分は403200円です。いいですね~♪ (手数料と税金は引いてません。)

私の場合は
メタップスを初値で売ることが出来ず食らってしまい、
パートナーエージェントは初値で売らずしばらく様子見をしチョビっと(8000円)上乗せ、
郵政グループは900株購入(それぞれ300株ずづ)したので
2015年のマイナス分が83700円、プラス分が870300円となりました。 (手数料と税金は引いてません。)

今年は郵政が特別でラッキーでした。

やはり当たるのは人気のない銘柄(初値が高騰しそうにない銘柄)が多いです。しょうがないです。
たまに美味しいのが当たればラッキーですね。

IPOはオススメします。

できるだけたくさんの証券会社に口座を作って申し込みまくりましたが、当たるのは主幹事の証券会社が多く
IPOの取り扱い枚数が多い主幹事の証券会社だけで申し込んでもいいかなと思いました。

いくら穴場的だからと言っても、取り扱い枚数10枚とか5枚ではそりゃ無理だす(汗

来年はSBI証券のポイントを使ったり、(40ポイントしか貯まっていないのでまだまだ無理っぽい。。。)
デイトレで稼いだ分をどんどんSBIに放り込んでみようと思います。(大口様には程遠い。。。)

そんなSBIに放り込むより、
もっとデイトレで投下金額を上げて頑張った方が良さそうですが、大きなリスクを取れないもんはしょうがありません。
未だに150万もあれば不便なくデイトレできてしまう私の低いデイトレリスク許容度(TT)

デイトレ以外の収入もあると気が楽になりますし ^^♪

イヤイヤ、デイトレももっとリスク取って頑張ろう・・・・・。

デイトレーダー適性テスト

2015年12月20日

・・・・・・というほどのモンではないですがなぞなぞです。^^

みちこさんという31歳の女性がいます。

みちこさんは独身です。純真な心を持ち、とても頭のいい人です。

大学の哲学科を卒業しましたが、
大学生の頃から人権に興味を持ち、熱心に社会正義の問題に取り組みました。
戦争反対のデモにも参加していました。

さて、問題です。

次の3つを「可能性の低い」順番に並べてください。

A みちこさんはグローバル化反対の活動家である。

   (グローバル化反対: 経済のグローバル化で金持ちと貧乏人の格差が一層大きくなり、
    環境破壊ももたらすのでのでグローバル化には反対するという考えや活動)

B みちこさんは銀行員である。

C みちこさんは銀行員でグローバル化反対の活動家である。

「可能性の低い」順番に並べましたか?

ちなみにですが、私の並べた順は A < C < B の順です。

みちこさんは銀行員になるよりグローバル化反対の活動家になりそうと考えました。

あなたはどうですか? そんなひっかけ問題、ほんとは堅実に銀行員なんじゃないの?
ということで B < C < Aですか?

実は A < C < B も B < C < A も不正解!

理論的な判断ができていません。

実はこの問題はAとBの順番が問題なのではなく、Cの位置が問題なんです。

AとCを比べて下さい。

グローバル化反対活動家

みちこさんがグローバル化反対の活動家であるより、 
銀行員であり、かつグローバル化反対の活動家であることの方が可能性が低いですよね?

BとCを比べて下さい。

銀行員

みちこさんが銀行員であることより
銀行員であり、かつグローバル化反対の活動家であることの方が可能性が低いですよね?

なのでどちらにせよ、Cが一番可能性が低いのです。

最初にCを選ばれた方、おめでとうございます。 素晴らしい判断力です。

多くの人が私と同じ順番を選ばれたと思います。

単純にAとBとCの選択肢だけを与えられたら、Cが一番可能性が低いという答える人はもっと多くなると思います。
けれども、みちこさんはこのような人ですよ、という情報が入るとたちまち判断は狂ってしまいます。

ありゃ~(><)と思われましたか?

でもこれがヒトの脳みその特性なんです。
このような判断ミスは日常茶飯事で、お医者さんでも起こるのです。

私も含め、適切な判断ができない人が様々な情報が飛び交う相場を
冷静に判断してトレードできるとはとても思えませんね。
勝てなくて当たり前です。

ですが安心して下さい。不正解を選択する脳みそを持ったヒトにも道がないわけではありません。

ヒトの脳みそはそのような判断ミスを日常茶飯事にしていますよ、ということを前提に対策することができます。

みちこさんの特性を読んでしまったから判断ミスをしましたね?
A、B、Cの選択肢だけを読んでいたらわりと理論的に判断できましたね?

余計な情報がない方が正しい選択をできましたね。

だったらトレードも余計な情報を脳みそに入れずにシンプルにやればいいのです。

ニュースだの業績だのMACDだのRSIだのグランビルの法則だの・・・・・
そんな情報をたっぷり入れれば入れるほど、先ほどの例のように判断ミスをする可能性が高まります。

今現在、一番最新の情報は今のローソク足やチャート、板です。

これだけで正しい判断(勝てるトレード)はできます。

シンプルなやり方、シンプルなルールを作ってひたすら実行すれば
判断ミスに苦しみ、あっちがいいかも、こっちのがいいかもでずっと迷い続け、
長い間負け続ける可能性は少なくなります。

ヒトの脳みそは、自分が収まっている入れ物(ヒト)の生存に関してはとても立派な働きをしますが
生存に関して以外ことはどうでもいいので手抜き判断をします。

そのことを自覚されて対処策を講じましょう。

簡単です。やることを少なくすればいいだけなですから。^^

たくさんの情報を入れれば的確な判断ができるなんて大いなる勘違い?!

ヒトの脳みそは手抜き判断だらけです。

MA25下抜けの売り・MA25上抜けの買い

2015年12月15日

トレンドの方向と同じ方向へ仕掛けるのがデイトレの基本ですし
トレンドの方向と同じ方向へ仕掛ける方が負けにくいです。

日足チャートですが

上値抵抗線上抜けや下値支持線下抜けがいいよとオススメしています。

それとは別に
MA25の上抜けやMA25の下抜けもチョボチョボとオススメしていますが、
MA25上抜けやMA25下抜けはトレンドの方向に沿ったトレードではありません。

さんざん今までトレンドに逆らったトレードはするなと書いておいて何よっ!って感じですが
MA25抜けのトレードはちょっと別腹にして下さいね。

MA25上抜け、下抜けは
あれっ?なんか流れが変わるかも!のところのトレードです。

上昇トレンドだったもの、または上の方でモゾモゾもみ合っていたものが
MA25の下抜けがキッカケで上昇トレンド、または高値圏でのもみ合いから流れが変わるかも?!

下降トレンドだったもの、または下の方でモゾモゾもみ合っていたものが
MA25の上抜けがキッカケで下降トレンド、または安値圏でのもみ合いから流れが変わるかも?!

そんな日足チャートを狙っています。

ライオン日足

例えばライオンのAのポイントやBのポイントです。
Aのポイントは上昇していたものが高値を抜けず下落し、MA25を割ってきたら「あらっ?」
と思います。(あんまり美味しそうなローソク足になっていませんが 汗)

Bは以前紹介した通りです。

上昇トレンドではMA25が支持線になって反発することが多いのですが
MA25ピッタリで反発したり、MA25にタッチしないで反発したり、MA25を少し下抜けて反発したり
することがあります。

なのでMA25下抜けだけでは売るのはちょっとイマイチと思い、
Aのように、高値圏での「M」の字のネックライン下抜け、
Bのようにもみ合い下抜け、など他の根拠もあれば売りやすいです。
(だったらフツーにネックライン割れ、もみ合い下抜けの売りでいいだろうと突っ込まれそうですが
トレード根拠はやはりたくさんあるにこしたことはありません。汗)

フリークアウト日足

AのポイントがMA25を上抜けて寄り付いています。どうみても下げトレンドです。
ですが、MA25を抜けたことで流れが変わるかもということで
始値ブレイクなどチャンスがあれば入りたいポイントです。

私がデイトレをはじめたのは新興市場銘柄が下げ下げでした。
そして長期に渡る連敗を経てついに新興市場銘柄の下げが止まり、上げ出した時にこの形がたくさん出現し
あちこちの銘柄で収穫できたのでした^^

フリークアウトの場合はAのMA25上抜けで下落トレンドが変わり上昇トレンドになっています。
そうなったら次は恒例の上値抵抗線抜け、三角保ち合い上放れを狙っていきます。

MA25上抜け狙いは1銘柄で1回だけです。流れが転換する時だけです。
普段はあんまりありませんが、時期によっては複数の銘柄がこのような日足チャートを作ります。
あっちでもこっちでもMA25上抜けのタケノコの収穫です。

しばらく上昇トレンドが続いた後はあっちでもこっちでもMA25下抜けのチャンスがたくさんやってくる
かもしれません。

日本スキー日足

AのポイントがMA25を下抜けていますが、MA25下抜けは上昇トレンドの後の高値圏か
高値圏でもみ合っているところを狙いますので日本スキーの日足でのAでは売りません。
日本スキーの日足は中途半端なところで中途半端な動きをしているので
よくわからないのでMA25下抜けでは売りません。

DIT日足

Aのポイントは下落の後のMA25抜けなので狙います。安値圏での「W」のネックラインも上回っています。
ですが、前日、前々日のローソク足がちょっと長めなので悩みます。
その後のBやDでは安値圏ですのでMA25下抜けは狙いません。
Cも何度も何度もMAを上抜けたり下抜けたりしてもみ合い中なので手を出しません。(順張りトレーダーの意地)

MA25下抜けは高値圏に株価がある銘柄で狙います。
MA25上抜けは安値圏に株価がある銘柄で狙います。

中途半端なところはよくわからないのでスルーです。

MA25下抜けで空売り

2015年12月9日

もみ合い下抜けと日足MA25下抜けのダブルの根拠で空売りを狙いたい銘柄です。

ライオン日足チャート

高値から長い陰線で下落し、しばらくMA25のあたりでモミモミとしていて
前日はMA25をちょっと割り、数日のもみ合いの下値のあたりで引けました。

そして今日9日は数日のもみ合いも下抜け、MA25もキレイに下抜けて寄り付きました。
ダブルの売り根拠♪

そして5分足チャートです。

ライオン5分足チャート

寄り付きから下落してしまい、始値ブレイクでは初動は入れそうにありませんし
空売りエントリーしたとしても損切りになってしまっているかもしれません。

でも

エントリーポイント

親切にもちゃんと三角を作ってくれています。
5分足チャートの三角保ち合い下抜けで売りエントリーできたら美味しいですね。
一度損切りしても株価の位置が位置ですから(もみ合い下抜け&MA25下抜け)
その後のチャンスも期待できます。
そして5分足での三角出現です♪

ちなみに私はライオン4912のチャートは画面の端っこに表示し、
画面のど真ん中では今日も懲りずに買い銘柄チャートばかりを眺めていたので
ライオン4912の売りチャンスには気が付きませんでした(TT)
しっかり見ていれば三角に気がつけますね。

朝、たくさんの銘柄を抽出していても寄り付きにどの銘柄を集中して見ているかで
勝負は決まってしまいます。

私は今日も視野が狭すぎでした。表示させていても見ていません。(モニターの無駄?!)

ハズレ銘柄ばかりの時もありますし、アタリばかりで取り逃がすこともありますが
やるべき事をしっかりやっていればそのうちアタリます。^^

デイトレゲームで遊ぶ

2015年12月7日

デイトレはゲームです。

ゲームをしてお金が儲かる♪
どれだけたくさんお金を儲けらるか試すゲーム。

・・・・・ではありません。

「儲ける」ことや「勝つ」ことを意識してしまうと
どうしても利小損大トレードになってしまいます。

とにかく勝ちたいので少しでも含み利益が出れば、
利益が減ってしまう、またはなくなってしまうことを恐れさっさと利確確定してしまう。

含み損が出ると少しでも損が戻ってから、損がなくなることを祈って損切りが遅れ
大きな損失を出してしまう。

勝つことや儲けることを意識すると、どうしてもこんな行動になってしまいます。
利小損大トレードのようなだんだん資金が減っていくような行動ばかりになってしまいます。

そこで!

どれだけ儲かるか試すゲームではなく

対戦相手は自分の本能。
どれだけ自分の本能の言うことを聞かずに行動できるかを試すゲームにするのです。

自分の本能の言うがまま、ちょっとの利益で確定してしまったり、
エントリーを躊躇してしまったり、躊躇してしまった後に高値掴みをしたり、
損切りを躊躇してしまったりしたら失点!

反対に自分の本能、感情に流されず、利益をしっかり引っ張れたり、
たとえ損切りトレードになろうとも、
しっかり予定したポイントで予定していたエントリーができたり、
スパスパ損切りが出来たら得点です。^^

本能: 「ホレホレ~、ちょっと含み益が出たぞぃ!
     今確定しないとなくなっちゃうぞ! どうする?どうする?」

私:  「フンっ! あんたの声なんか無視!
     私は私、ちゃんと私が決めたことをやるんだからっ! しっ!しっ!」

本能  「ホレホレ~、またさっきみたいに引っ張ってせっかくの利益を吹き飛ばす気か?
     さっさと今のうちに利益はもらっとけよ。」

私:  「フンっ! ほっといてちょーだい!
     そんな負けトレーダーがやるような行動はしないんだからっ!」

本能: 「ホレホレ~、この前はこれくらいの含み損、しばらく我慢してたら
     元に戻って損しないで済んだよな~。今回ももうちょっと様子見てみればぁ?」

私:  「うるさいっ! 今の私はいつでもポチッと切れるわ。」

本能: 「ホレホレ~、さっきこのパターンでエントリーして損切りになったよな~?
     また懲りずに同じ事をやるんか~い? 損するかもよ~。」

私:  「だまらっしゃいっ! 何べんでも同じ事やったるいわいっ!!!」

本能: 「ホレホレ~、今買わないと!どんどん上がってしまうぞぃ。
     今ならまだ間に合う。はよ買え!逃して後悔するぞ。」

私:  「逃げたもんは未練たらしく追わないのっ!涼しげな目でお見送りするだけよ。」

本能: 「やることないよなぁ~。時間の無駄じゃないか。これでも買っとけばぁ?」

私:  「フフンっ! こんなところで余計な事をしないのがエレガントな勝ちトレーダーだわさ!」

と、このように本能と対戦して、
どれだけ本能、感情に負けずに行動(トレード)できるかを試すゲームをするのです。

どれだけお金が稼げるかではなく、どれだけ本能に勝つか、ルールを守れるかを競うゲームです。

対戦相手は自分の本能、感情。
そして競うのは昨日の自分、一昨日の自分、過去の自分です。

銭勘定は二の次三の次。

負けず嫌いのあなたは
自分の本能の言いなりにならず、
決めたルールをしっかり守り、行動できたことに満足感、充実感で満ち溢れるはず?!

な~んて楽しいゲームでしょっ。

デモトレはデイトレで勝つためには不十分

2015年12月1日

デイトレで勝つには

1: 勝てるデイトレルールを作ること
2: デイトレルールを破らずに行動し続けること

この2点です。

なんて簡単~~~~♪・・・・・ではないのはご存知の通り。

1のデイトレルールを作るにはデモトレで利益が出るかどうかを確かめるのが一番です。

余計な損失を出すことなく、作ったルールが有効なのか、それともぜんぜん役にたたないのかがわかります。
ルール作りを実践のトレードをしながら確かめていると余計な損失を出すことになります。

なのでまずはデモトレでしっかりルール作りをすることが大切です。

デモトレで作ったルールが有効なことがわかっても実践でトレードしないと訓練になりません。
訓練をしないといつまでたってもできません。
知っていても行動できないのであれば知っていないのと同じ事なのです。

デモトレはデモトレでしかなく、損も益も出ないので冷静にトレードできますが
実践のトレードでは損したり利益が出たりで冷静になれなくなりルールを破ってしまいます。
ルールを破らないようにするための訓練は実践のトレードでしかできません。

勝てる手法を理解している(ルールを持っている)のと
ルール通りに行動できることとの間にはとても大きな壁があります。(乗り越えてしまえば実は小さな壁)

いざ損得が絡むと感情がルールをどこかへ放ってしまいます。せっかくのルールもないのと同じ。
立派なルールも、感情をコントロールできなければ豚に真珠です。

デモトレで利益が出るなら早めに実践のトレードでリスクを取る訓練をして下さい。
最初は小さな小さなリスクでいいのです。

ヒトはリスクを避けるようにできています。
できるだけ安全に、無事に、危険のないように行動したいのです。

でもリスクを取るのがデイトレです。
ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンはあっても
ノーリスクハイリターン、ノーリスクローリターンはありません。

普通にリスクを避ける行動のままでは負けるトレーダーのままです。

リスクを避ける行動からリスクを取る行動に変化しないと勝てるトレーダーにはなれません。
すぐに行動が変えられるなら苦労はしません。
でも訓練すれば変えることが可能です。

小さなリスクでいいから少しずつ取っていきましょう。
ただしデモトレでも利益が出ない人はまだリスクを取ってはいけません。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末