チャンスだけをじっと待つ

2015年6月30日

寄り付きがすごく下がっている。

すごく下がっているんだから、上がるんじゃないの?

すごく下がって寄り付いた銘柄が上がっていったら買いチャンスじゃないの?

なんだか値動きが激しくてあっちもこっちもチャンスに見えるぞ。

さてさて、どうしよう・・・・・。

・・・・・なんて迷っているあなたは負けトレーダーの素質十分です。

上値抵抗線を上抜けたら買う! 下値支持線を下抜けたら売る!
と決めたのではありませんか?

上昇していて三角保ち合いを作り、上放れた時に買うのではなかったですか?

じゃあ、すんごく下がっている日はチャンスですか?
毎日頭の中で思い描いているチャンスの日と同じですか?

株価の動きに惑わされないようにして下さいね。
やるべき事を決めたら、やるべき事をやるべき時にやる!ということだけに
集中しましょう。

たとえ低く寄り付いて、結果的に大きな陽線になって
「買っときゃよかった~~~!!」と後悔しても、
ノートレードで正解です。

日足チャートがわからない、思い描いたようなチャートになっていないなら
トレードをしないのが正解です。

どれだけ悔しいと感じても余計なトレードをしてはいけません。

チャンスはちゃんと用意して待っていれば必ずやってきます。
チャンスの日にだけ行動すればいいのです。

余計なトレードをしてはいけません。

余計なトレードをどれだけ減らすことができるか、ということも
正確なトレードをすることとともに、とても大切なことです。

昨日も今日も、日足チャートをチェックしてもほとんどチャンスをみつけられませんでした。

以下の日足チャートを見て下さい。モルフォ3653です。

モルフォ 日足チャート

赤いラインを引いています。

1で、上値抵抗線(ちょっと突き出ていますが)になっていて
2、3で下値支持線になっています。

こりゃ、売れるかなと。

モルフォ 5分足チャート

真ん中ぐらいが6月30日、今日の寄り付きですが、昨日の終値より低く寄り付いてから上げています。
後場までじっと我慢強くチャンスをうかがっていました。

MA25に頭を押さえられ、もみ合って値動きが小さくなり、ついにこらえ切れなくなり・・・。
あ~~~~れ~~~~・・・・。
そんな感じで垂れていきました。

日足を見てもわかりやすく、5分足を見てもわかりやすいですね。
5分足チャートは無理矢理見れば、三角保ち合い下放れです。

ほとんどチャンスが見当たらない中、やっと来た売りチャンス。
喜んで売りエントリーしました!!!

が、まさかのビビり決済で微利益(T▽T)

情けなし!

素直に株価が動くスノーピーク

2015年6月26日

私の大好きな銘柄に、スノーピーク7816があります。

なんで好きのかというと、とても素直に株価が動き、とてもわかり易く、勝ちやすいからです。

日足チャートにエントリーポイントを緑の矢印で表示してみましたが、

スノーピーク7816 日足チャート

ね? 高値を抜けて行く日や、抵抗線を上抜けて行く時はキレイに長い陽線になっているでしょ?

株価があまり上下することなく、上がる時はスルスルスル~と上げてくれてとても楽なのです。

そして株価も私の好きな価格帯で昨日までは15000円程でした。(100株単位)
日足チャートの右の価格表示が4000円程になっていますが、株式分割です。

で、今日の5分足チャートですが・・・・・
こんな具合です。

スノーピーク チャート 板 分割後

分割前の価格と分割後の価格がごっちゃになっていて、5分足チャートは用を足しません。

月足、週足、ティックチャートはちゃんと分割後の価格表示になっているのですが
肝心の5分足チャートだけがこんな調子です。
おかげ様でエントリーできませんでした。

やっぱりどっか抜けています。松井くん・・・・。頑張ってくれ・・・・。

松井くんは置いておくとして、

銘柄は、素直に動くものや、わかりにくいものがありますね。
いろいろトレードしているうちに、あ、これはやりやすい、あ、これはやりにくいというのが
出てくると思います。

そんなやりやすいと感じる銘柄も少しずつ登録銘柄の中に増やしていくといいですね。

ついでにもうひとつ、今日トレードした銘柄です。

航空電子6807 5分足チャート

緑の矢印のところで追いかけて空売りです。3370円で1000株単位です。
ビビって同値撤退です。

オレンジ色の丸の出来高のところを見ると、ドドドッと売りが出たのがわかります。
私のイメージはドドドっと値が崩れるのを期待しました。
期待通り、ドドドッと売りがでたのですが、ドドドッと下がらず、下ヒゲで終わってしまいました。
下がると思われたところが下がらない ⇒ とっとと撤退です。
下ヒゲが出てしまった時点で撤退判断です。

・・・・・・と、なるはずでしたが、私の場合、私のリスク許容度を越えてしまっていました。
オレンジの丸の出来高が増えて下ヒゲが出る前にとっとと逃げていますっっっ(汗

航空電子6807 日足チャート

売りの根拠ですが、黄色のラインを引いて、このラインを割れてきたら売ろうと思いました。
日足のMA25も下抜けてきているので。
昨日も売り、今日も売りました。どちらもビビリ同値撤退です。

結局はレンジに戻ってしまいました。

3000円の銘柄で100株の場合、投資金額30万円ですが、私の場合、ちょっと損切りを失敗すると
1万円の損切りになってしまいます。(鈍臭くてよく損切り失敗する。)

ということは、
300万以上の航空電子の場合は10万円の損切りを覚悟しないといけないということになります。

そんな損切りは絶対イヤだし、航空電子の1ティックは5000円!
1ティック下がるだけで5000円のマイナス、それも受け入れられません。

自分のリスク許容度を上げようとたまに300万円超に突入してみるのですが、
まだまだこの金額は無理!ということを実感するのみです。

自分のリスク許容度を越えてのトレードは難しいです。
損切りも大きくしないといけませんが、どうしても浅くなってしまいます。
自分のリスク許容度を超えると、損切り貧乏になりやすくなります。

損切りの逆指値の変更ができない話の続き

2015年6月25日

昨日のブログで
ネットストックハイスピードで逆指値の変更・取り消しができないと書きました。

その後
ネットストックハイスピードの逆指値の変更・取り消しについての真実のコメントをいただきました。

真実を教えて下さった3名様、ほんとうにありがとうございました。m(__)m

松井証券のサポートのおねーさんも知らないことをご存知の皆様は
松井君の扱い方を極めていらっしゃるのですね。

以下が教えていただいた真実です。

ネットストックハイスピードでの逆指値や予約返済の変更・取り消しは
スピード発注画面の発注区分(通常/逆指)のところの逆指のボタンを押した状態にしておくと
ドラッグして変更したり、取り消しをしたりすることが可能だそうです。

画像の赤丸の部分のボタンです。

逆指値

通常ボタンを押して注文したものは通常ボタンを押した状態で変更・取り消しが可能。
逆指ボタンを押して注文したものは逆指ボタンを押した状態で変更・取り消しが可能だそうです。

くくく・・・・・。またしても面倒くさい松井君です。(-“-;)
爪を隠し過ぎです。
デキる子の正体をなかなか明かしません。

いえいえ、それよりも真実を教えて下さった方々、ありがとうございました。

m(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m。

損切りを、逆指値を入れておきたいという人はこれで安心して使うことができますね^^

それから、
損切りの快感を機械に任せる(逆指値を入れてしまう)のは勿体無いそうですよ。

詳しくは昨日のブログのコメントをご覧下さい。

  
⇒ 損切りの逆指値ができない(コメント欄)

こんな境地に入れるよう、頑張りましょう!

損切りの逆指値が変更できない

2015年6月24日

松井証券のデイトレツール、ネットストックハイスピードですが、
損切りに逆指値を使っている方にはちょっと(かなり?)不便です。

普通の(他社の?!)デイトレツールは、逆指値をセットして株価が上がり、逆指値の価格を上にズリ上げたい
と思ったら、ドラッグ&ドロップで簡単にズリ上げる(変更)することができます。

ところが松井証券のネットストックハイスピードでは逆指値を変更したり、取り消したりすることが
できないのです。(ありえませんが。)

私は損切りも利確確定も手動でやるので、特に不便は感じませんでしたが、
よく考えれば
損切りが手動では心配なので逆指値を入れておきたい、という場合は困りますね。

ネットストックハイスピードで入れた逆指値の変更・取り消しは
松井証券のウェブサイトから通常の発注でしなければなりません。

つまりネットストックハイスピードとともに、松井証券のウェブサイトの方も
常にログインしておかなかればならないのです。

このこともブログを読んで下さっている方から教えて頂いたのですが
私も最初に逆指値を入れた時は(ちょっと試しにやてみようかと・・・)
逆指値を変更できずにかなり焦りました。

ちなみに、返済予約というのがありまして、
損切りと利確をセットにした注文もネットストックハイスピードでできるのですが、
やっぱりネットストックハイスピードでは変更も取り消しもできないようです。

困った松井君です^^;

訂正  ネットストックハイスピードで変更・取り消しができます。

詳しくはこちら

困った部分を探すといくつでも出てきそうで怖い松井君ですが
慣れるとは恐ろしい(便利な)ことで、不便も不便と感じることもなくなり、慣れてしまいます。

こんな役にたたんもんはないっ!!と思われた松井証券のサイトの情報検索からの
株価ボード(ネットストックハイスピードの株価ボードではない)ですが、

今ではすっかり朝のチャートチェックに重宝しています。

思いっきり見にくくて、こんなん見てられるか~~~~いっっ!!!!の日足チャートでしたが
この株価ボードのチャートですっかり高速日足チャートチェックができるようになりました^^

人間、何でも慣れる!

とってもわかりやすいブレイクアウトのチャート

2015年6月19日

今日もとってもわかりやすいブレイクアウトチャートです。

コシダカHD2157日足チャート

上値抵抗線を引くまでもなくと~~~ってもわかりやすいチャートです。
緑の矢印1はダマシになっていますね。わしゃ、下がらんぞ!と意思表示してくれています。
ずっと小さくもみ合っています。

もみ合って値動きが小さくなっている、ということがチャンスが近いですよというサインです。

少なくても前日の1日から数日ぐらい値動きが少なくなっている方が
上昇エネルギーをためて、元気よく上昇してくれます。

三角保ち合いを探すようにオススメしているのは、三角保ち合いの先っぽは値動きが少ないですね。
その後、動き出す時に大きく動くのを期待できるからです。

上値支持線やMA25を上抜けていく時も、できれば前日に小さなローソク足になっているといいです。

このコシダカHD、もちろん、しっかり監視してましたよ。

コシダカHD2157 5分足チャート

始値からドドドッと上げてしまい、何日も監視した結果、結局さっぱり触らせてもらえませんでした(TT)

もみ合っている時は、お~~い、生きてるか~~?と聞きたくなるくらい
じっとしてたのに、いざ出陣となると、足の速いこと速いこと。

始値ブレイクを狙っていたので残念無念です。

そしてオプティム3697の日足チャートです。

オプティム3694日足チャート

これは矢印1の長い上髭が出ているところで、MA25上抜けという根拠で買いましたが、
残念ながらあまり利益はとれませんでした。

今日も監視に入れていたのですが、寄り付きがそれほど高くなく注目していませんでした。
上げましたね。よく見りゃ、プチ三角になっています。気が付きませんでした orz…..

オプティム3694 5分足チャート

今日は寄りから上がっています。朝は買いにくい感じですが、どこがエントリーポイントなのか
わかりますね? これもキレイな三角保ち合いになっていますし、上値抵抗線もわかりやすいですね。

ちょっと、週足チャートもみてほしいのですが

オプティム3694週足チャート

5000円がサポートラインになっているのがわかりますね。

私はこの5000円が割れたところで何買いも空売りして損切りをしています(TT)
どうしても割ってなるものか~~~!と強い意志を感じます。
じゃあ上なのねと、矢印1のところでMA25上抜け買いを狙いました。
今日は見逃しました。

MKシステム3910のチャートを見て下さい。

MKシステム3910日足チャート

矢印1の部分は前日の引け時点で、こりゃ明日楽しみだぞ~♪と思っていました。
大きな陽線2本の次にちょっと一休みしています。おまけに下ヒゲ付けてます。
黄緑の抵抗線も引けます。

とても楽しみにしていたのですが、用事で不在。帰宅してからチャートを見て
キーーーーーっっっ!!!となりましたよ。悔しかったです。

そして、今日ですが、一昨日まで上髭の付いたローソク足が出て強さがないです。
昨日はMA25割って下がると思いましたが、しぶとくMA25のあたりで踏ん張っています。

下がる気がないのね。
じゃあ今日高く寄り付いたら始値ブレイクで狙おうと準備していました。

MKシステム3910 5分足チャート

これもわかりやすいチャートです。おまけに始値の辺に大きめの売り板があります。
大きな売り板があるのに上げるのは上げる気マンマンです!

その板突破を合図に突撃する予定が、ちょっと一瞬横にある他のチャートに目を移した瞬間に
やられました(TT)  またおいていかれました。

もうがっくり脱力です。

でも5分足チャートをよく見て下さい。三角保ち合いが見えますか?
その後、スコーンと株価が伸びているところの直前です。

ここは噴き上がる前に、ハッと三角保ち合いに気づき、ご馳走になりました。

これがすごく快感なんです。是非、この快感を味わって下さい。
三角保ち合いを探すのは、ほんとに楽しいんですよ。

値上がり率ランキングを見てデイトレをする人を頼りにする

2015年6月18日

値上がり率ランキングを使ってデイトレされてる人も多いと思います。

9時の寄り付きから頻繁にランキングを見て、
日足チャートや5分足、ティックチャートなどから瞬時に判断しエントリーしたり、
エントリーを見送るかを決めます。即断即決能力が優れていなければいけません。

この方法なら寄り付きの前に下調べをしなくてもいいので時間的にも楽かもしれません。

チャートを見てすぐに有利かどうか判断できて
瞬発力に自信のある方は挑戦してみてもいいかもしれません。

私はやりません。即断即決能力がかなり低いので^^;

しっかり前もって決めておいて、しっかりやるぞ!と決意してもビビって逃げ出しますから。
しっかり下調べしたのに行動できずに全部水の泡!なんて日常茶飯事です。

私のやり方(下調べをするやり方)は、ランキングを見て他のトレーダーが参入してくる前に仕込んでおいて、
ランキングを見て参入してきたトレーダーに、追随して株価を上げてね~、とお願いするトレードです。

ランキングを見てトレードしている人は、デイトレの中でもかなり短期トレードをするので
ポジションを持ってある程度の時間がたっても株価が動かなれば、あっと言う間に投げてしまいます。

私のようにポジションを持って放ったらかしていると、気がつけばすっかり株価が下落していることもあります。
それでもいいんです。たまに大当たりがあれば。

ランキングに載るほどなのに、ちっとも株価が動かないとなれば、ランキングを見ている人にまで
無視されているのね、と諦め・・・・・・・ることなく放置。
いつか誰かが見てくれる・・・・・・ことはない。

ちょっと、ちょっとぉ、ランキング見てるんでしょうが~。ちゃんと追撃してよ~。
と願ってもダメなものはダメ。

エントリーチャンスがたくさん!!

2015年6月17日

毎日200銘柄も見ていればチャンスはゴロゴロあります。

象印7965の日足チャートです。キレイに上抜けましたね。

象印日7965日足チャート

寄り付き後はしっかり始値ブレイクのちょっと下にアラートをセット♪

そして象印の5分足チャートです。

象印7965 5分足チャート

緑の丸印の始値ブレイクでエントリーできるようにアラートをセットし、
始値に近づいて来たので発注画面を用意し、あとワンクリックで準備万端!

チャンス到来!それ!クリック!!!!!

とクリックしたら、まさかの返済買い発注!  新規買いボタンでなく返済買いボタン・・・・・

チャンスは一瞬でかっさらわれてしまい急騰。チャンス掴めず、落ち込み。

次に来た押し目(始値)でも怖くて躊躇。MA25タッチも怖くて躊躇。
結局見てるだけ~~~~~~でした(TT)

そして良品計画7453の日足チャートです。こちらも見事に上げました^^

良品計画7453日足チャート

 
何日も監視していたのです。

今日に限って監視を忘れていたのです。(TT)
なぜこの日足チャートが、朝の銘柄チェックで今日の私の目をすり抜けてしまったの・・・・?
前日の陰線のせいでしょうか。

いずれにせよ。置いて行かれました。かなり残念(TT)

良品計画7453 5分チャート

始値から下がらず、みんなかぶりつき~~~って感じですね。

そして売りで狙っていたシマノ7309のチャートです。

シマノ7309日足チャート

水平の下値支持線(サポートライン)がわかりますか?
直近は三角保ち合いのようにも見えます。(かなりゴーイン^^;)

シマノ7309 5分足チャート

寄り付き後はグンっと上げましたが、始値ブレイクで売りたいですね~。

シマノは銘柄選択で今日のトレード用に抽出していた銘柄なのですが
こちらはアラートをセットをするのを忘れ、売ることができず(TT)

で、いったい今日は何をやっていたのよ?というとコレです。

ショーケース3906日足チャート

こちらも下値支持線(サポートライン)が水平に引けますが、わかりますか?

そこを割ったので寄り付きから頑張って売ろうと思ったわけです。

ショーケース3909 5分足チャート

ところが悪いクセで、ちょっと様子見してしまったのですね~^^;

板がスカスカなので慌てて下の売り板に当てに行きました。
スルスルと下がったのですが、一瞬の含み損です。

今日は全体的に寄り付きから下がっていたので、ショーケースも下がるだろうとしばらく放置です。
残念ならがそんなに下がりませんでした(TT)

今日は他にも何やら難しい(危ない)トレードをしていましたが、
美味しいのはすっかり逃しましたね~。

メゲずに次に期待。

しっかり毎日コツコツチャートのチェックをしていれば必ずお宝銘柄があります。

お宝銘柄が1日で束になってやってくる時が困ります。

アッチもコッチも、アッチもコッチもとキョロキョロしているうちに
ついぞ何もつかめなかったりして。

とにかくめげずに銘柄チェック!

やる事を自ら複雑にしない

2015年6月17日

トレードはシンプルが一番です。

これとこれとこれ!  これだけをキッチリとシンプルにやり続ければいい!

と頭でわかっていても、いつの間にやら余計なものを少しずつくっつけてしまい、
作業を自ら複雑化してしまっている、という事がトレードだけでなく日常でもあります。

これがうまくいくやり方だよ、という方法を学んでも、無意識のうちに余計なものを
くっつけている場合もあります。

うまくいかない原因は、余計なものをくっつけている、または複雑化しているということもあります。

うまくいかない場合は、余計なものをくっつけていないか、自ら複雑にしていないか
チェックしなければなりませんが、自分で気づくというのは難しいかもしれません。
だって意識的にではなく、無意識に余計なものをくっつけているのですから。

余計なものがくっついたり、複雑化してしまう原因は、その人の経験であったり
考え方であったり、癖であったり、嗜好であったりします。

生まれてから何年も経っているのだし、経験のない人なんていません。
考え方もある程度決まってるし、癖もあるし、好きなもの、好きなやり方だってある。

つまりはどうしても、余計なものがつくし、複雑化しちゃうんですね~^^;

私が勝てるようになり、それから何年も経ちますが、気がつけば
デイトレとはなんとシンプルな作業なんだと感じるようになりました。

勝てない時期から勝てる時期へ、その当時はなんで勝てるようになったのかわかりませんでした。
ただうれしいのと、信じられないという思いと、勝ち続けるられるかという不安との入り混じりです。

余計な事の削ぎ落とし作業がされていたのかもしれません。
デイトレがシンプルな作業だと気づいたということは削ぎ落としの作業が進んだからかもしれません。

削ぎ落としの作業はもちろん意識的にやっていたのではありません。
意識的にやっていたのであればもっと短時間で済んだはずです。

何が余計で何が肝心な事なのかわかっていなければ余計なものを削ぎ落とす事はできません。
余計なものと思い、削ぎ落とした事が肝心な事だった、なんて事もあるでしょう。
トレード経験をつめば、何が余計で何が肝心なのかわかってくるでしょう。
時間がかかりますが。

リスクを取れない日本人女性

2015年6月16日

ビビってなかなかリスクを取ることができず、多めの資金を投入したり、エントリーすることが
怖いと感じてしまうという主婦の方。

脳みその機能上、しょうがないようです。

アメリカ人より日本人の方が、リスクを避け、挑戦を好まず、不安を感じやすい、
男性より女性の方がリスクを避け、挑戦を好まず、不安を感じやすいということですので
日本人女性が一番トレードに向いてなさそうです。

トレードってずっとリスクを取り続ける作業ですからね。

ドーパミンやら、セロトニンなど、脳内物質の量によって不安に感じるか、リスクを好むかが違うそうです。

ドーパミンが多いと刺激を求め、セロトニンが少ないと不安を感じやすくなるそうな。

セロトニンの原料はトリプトファン、だからタンパク質をたくさん食べればいいのだ!
という単純なものでもなさそうです。

年齢とともにセロトニンの量は少なくなり、女性の方が男性よりもセロトニンが減りやすく
作られにくいようです。

日光をたくさん浴びて、運動もして、ビタミンやミネラルなど栄養もしっかり摂って、
もちろんタンパク質もたくさん摂って、ちょっとでもセロトニンを増やし、
不安感を少なくしてトレードすれば、余計なストレスを感じることなくトレードできるかな。

反対に、女性はリスクを避ける傾向があることから、ドカ~~~~ンと一発でやらかしてしまう
という可能性は少なそうです。

男性の方がリスクを取って急激に資金を増やす可能性が高い分、急激に資金を減らす可能性も高そうです。

傾向があるという話ですので、女性でもガンガンリスクを取れる人もいるし
男性でも超慎重という人もいます。

デイトレをはじめたからにはアメリカ人ちっくに大きなリスクを取れるようになりたい!!
でも大損はイヤ。・・・・・それではリスクは取れませんね^^;

朝の寄り付き前にしていること

2015年6月16日

9時の寄り付き前は、チャートチェックをしていますが、
ただチャートのチェックをするだけでなく、ギリギリまでチャートの入れ替えをちょこまかとしています。

なんで入れ替えをしているのかというと
できるだけよさそうな(よく値が吹っ飛びそうな)銘柄のチャートを一番真ん中に据えるためです。

端っこに大事な銘柄を置いていてはチャンスを逃しかねません。
一番大事な銘柄は、必ずチャートを真ん中のモニターのど真ん中に置きます。

どれが一番大事な銘柄になるか、寄り付き直前の気配値から判断します。
寄り付き15分前に気配値が高かったからといって寄り付き1分前にも高いとは限りません。
なので頻繁に銘柄を入れ替えます。

寄り付き直前に、ダメだこりゃ、と調べて用意したチャートを隅へ移動させたり、
直前になって買いがどんどん出てきたような銘柄を真ん中に据えたりします。

ネットストックハイスピードはチャートの青い部分(緑の丸印の部分)から
ドラッグ&ドロップができます。

ビリングS5分足チャート

このことを教えてもらい、操作が格段にスムーズになりました。ありがとうございます(T▽T)
寄り付き直前まで、このドラッグでチャートをあちこちに入れ替えています。

それから左上の六の文字(オレンジの丸印部分)をクリックして「銘柄連動」にチェックを入れると
銘柄が連動されます。ちょっとわかりにくいですね。

たまたまクリックしてみつけましたが、「連」のボタンで簡単に銘柄連結できる画面もあるのに
ほんとに松井君はひねくれもの(?)です。

アタリ銘柄を掴む確率を上げるため、寄り付き直前までの準備には特に気合を入れます。

1 / 212
 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末