トレード中に見ているもの

トレードする時には指標に気をつけて、銘柄のニュースに気をつけて、業績を見て、
チャートを見て、為替を見て、アナリストの分析を参考にして・・・・・
などなどいろんな事に気を付けないければいけない、なんて事はありません。

デイトレードはチャートの見方さえ身につけてしまえばそれでO.K.です。

業績がよくたって下がる銘柄は下がりますし、業績が悪くても上がる時は上がります。
いいニュースが出てもお疲れさ~ん!てな調子で下がり始めたりします。

チャートだけみていればポイントがわかってきますし、
慣れればどこがチャンスなのかわかり、毎日チャンスだらけになります。

業績とかニュースとかは見ない方がかえって素直にチャートを見ることができ
曇りのない判断ができます。
チャートに従って流れに身を任すのが一番です。

個々の銘柄の5分足を見ますが参考に板とマザーズ、ジャスダック、先物などの
指数の表示しています。
指数はいつも見ているというわけではありませんが、
翌日にポジションを持ち越す時の参考にしたりします。
板情報は買う時や売る時のタイミングを計る時に見ますが
板に惑わされることも多く見ない方がいいのではないかと思うことも多々あります。
5分足チャート重視でエントリーしたりエグジットしたりするのが
一番効率的です。

デイトレで勝つためにいろいろ勉強すると思いますが
じっとチャートを観察してコツを掴んでしまうのが早道だと思います。

もちろん基本は大切!
チャートがどうなったら買いなのか、どういうパターンになったら売りなのかは
どんな株の本にも書いてあるようなとてもシンプルなものです。
裏ワザなんてありません。
ほんとに「シンプル」で「普通」なんです。

チャートの基本とローソク足の意味はしっかり把握するようにします。

と言いつつ
トレードをはじめる前に数冊株の本を読んで
チャートやローソク足の意味を理解したつもりの私は
ずいぶん経ってからな~るほどほんとにシンプルだったと腑に落ちたのでありました。

ディスプレイは2枚あれば十分

私はパソコンは詳しい方ではありません。どちらかというとチンプンカンプンの方です。

株の売買をはじめようとした時、株は儲かるものだと思い込んでいたので
トレードで儲かったらディスプレイを増やしてトレード環境を整えよう、
なんてアホな事を考えていました。

知らないとは恐ろしいことです。

ノートパソコンいっちょうでリアルタイムでチャートが動くツールも使わず
デイトレードをしていたのです。
今考えるとどんだけアホなことをしていたのでしょう。アホにも程があります。

しばらく損をしてからこれではいけないと
デスクトップのパソコンを買い、ネットで必死に調べて2つのディスプレイを
取り付けました。
パソコン素人の私でもできたのでやろうと思えば誰でもできます。

ノートパソコンにディスプレイをもうひとつ付けるのは簡単です。

たくさんのモニターを見ながらデイトレをする人も多いですが
私は3枚です。2枚もあれば十分だと思います。

たくさんの銘柄を監視すればそれだけトレードチャンスを多く発見できると思いますが
あちこち見ながら機敏に判断できるタイプではないので
そこそこの銘柄を監視し、いつもトレードする慣れた銘柄を監視しています。

銘柄はトレードが始まる前に下調べをし美味しそうなチャートの銘柄を
監視するようにします。

ちなみにディスプレイは23型ワイドを3枚使っていて
昼寝したり本を読んだりしながらノンビリトレードをしています。

低リスクでデイトレをする

たいていの家庭では旦那さんが外で稼ぎ主婦は家庭を守ります。
(そうでないご家庭ももちろんあります。)

デイトレをする時、主婦(女性)の方が守りが固いように思います。
傾向としてリスクを好まないという意味ですが、
リスクを取らない分利益が少ないですが、損をする金額の少ないです。
お小遣い程度なら気負うことなくデイトレで稼げる可能性があります。

一度に大量の資金を投下するのは男性の方が多いように思います。
大量の資金を投下するということは利益も大きいですが損切り額も大きくなります。
どっと資産を増やしたり減らしたりが激しいですね。
傾向としてそのように感じます。

ちゃんとデイトレのやり方さえおぼえてしまえばコツコツと堅実に資産を増やせます。
大きな金額が増えたり減ったりするのは精神的に辛いものがあります。
コツコツと増やしていく方が気持ちも楽です。

ちなみに日本人は外国人に比べてリスクを好まない民族らしいです。

主婦がデイトレでお小遣い稼ぎ

旦那が一応稼いできてくれる、自分は午前中に割と時間があるなら
デイトレは便利なお小遣い稼ぎになるかもしれません。

デイトレのみの収入で生活しようと思うと余計なプレッシャーで判断がおかしくなり
思うように稼げないかもしれませんが
旦那さんの収入や自分の仕事などで収入があり、余裕資金でデイトレができるというのは
とても理想的な環境です。
デイトレで損失が出ても他で補うことができるので精神的に余裕を持ってトレードすることが
できます。

トレードは余裕資金でとよく言われますが、
私はずいぶん経ってからその意味がわかりました。

生活費を稼ごうと必死になってはいけないのです。

精神状態が良好でなければよい判断ができないのです。
例えば私の場合、旅行などで散財した後に
「よ~し、デイトレで旅行代を叩きだしてやる!!」
なんてフンフン鼻息荒くトレードすると必ずといっていいほど大きな損失を出します。
また今月はいくらいくらは絶対ほしい!なんて考えているとぜんぜん勝てません。

「勝ちたい」「稼がなければ」という考えが頭にあると
トレードはうまく行きません。
余計なトレード(無駄トレード)が多くなるし、待てなくなります。

なのでできるだけ気楽な状態でトレードすると冷静にトレードできるし
よい結果も出しやすくなります。

もしデイトレをはじめるなら
お金に困ってからはじめるより収入が安定しているうちにはじめるのがいいと思います。

デイトレは怖い?

短期トレード(デイトレード)は危険と思っている人も多いかもしれませんが
損切りを小さくできるので短期なほどリスクが小さいです。
リスクが小さいので利益もコツコツと積み重ねなければなりませんが
最初からスイングトレードするのが一番怖いと思いました。
(実際私はスイングトレードから始めて散々な目に会いました。( > < )

デイトレにしてリスク管理するか超長期トレードにして配当や優待を楽しむか
極端の方が最初は安全だと思います。
中途半端なタームで始めてしまうのが一番損するような気がします。
チャートの見方などが慣れてきたらスイングトレードにするというふうに
トレードタームを長くしていくといいんではないかと。

特に私のような時間に余裕のある主婦なら
デイトレでたくさん練習することができます。
長期トレードをすると売買タイミングが少ないので短期間に練習できませんし、
損切りもそれなりに大きくしないといけないので精神的にもしんどいです。

もちろん練習期間はリアルにトレードするのではなく
ここで買ったつもり、ここで売ったつもり・・・・というように
エアトレードをした方がいいです。

最初からデイトレで勝てることはありません。(一部のセンスある人を除き)
まず負けるので勝てるようになるまでの練習期間はエアトレードをした方が
無駄な損失を積み重ねないのでいいと思いますが、
勉強代だと思って実弾をぶっ放しちゃってもいいかも。
(私は痛い思いをしないと凝りないタイプでした。お陰でかなりぶっ放しちゃいました。)

トレードをストップさせる

一定の金額以上の損失をだしたらその日はトレードを止める。
というようにルールを設けているトレーダーさんもいます。
ルールを作るというのは感情に流されるトレードを避けるのにいいと思います。
自分の感性・経験に従って状況判断してトレードできればいいのですが
どうしても自分の都合のいいように判断してしまうのが人間です。
そのことを踏まえた上でルールをつくってしまうというのはとても有効ですね。

損失を出すとどうしても取り返そうとして過剰トレードをしてしまいがちです。
過剰トレードによって損失をより大きくしてしまう可能性が高くなりますので
一定額の損失を出したらその日はもうデイトレをやめる!としたらいいですね。
損切りが多くなってくるとやはり冷静ではいられません。

と、言いつつ私はトレードをストップさせません。
メンタルの訓練とか言ってデイトレを続けます。
目標は利益が出ようが損失を出そうがいつも同じトレードをすること!
言うは易く行うは難しですが自分とゲームをしているようです。

2 / 212
 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末