損切りの後にしがちな事

人間、いつもいつも平常心でトレードできるというものではないんですね~。
あっ? 私だけでしょうか? みなさん平常心ですか?

私はトレード毎に心を乱されています。
利益が出れば失うまいと思ってしまいすし、損失が出れば取り返そうと思ってしまいます。
これでは冷静なトレード、正確な判断に支障をきたすことになります。

いちいち結果に反応しないようになるのが理想ですが
感情豊かな(本能的な?!)人は感情をコントロールするのが大変です。

利益が出た後、その利益を守ろうとしてトレードしなくなったとしても
トレードチャンスを逃すだけで損失は出ません。
トレードチャンスを逃すということも損失と言えば損失なのですが。(機会損失)

問題の大きい方は、損切りの後です。
損失を取り返したいと思うのは私だけでなく多くの人がそう思っていると思います。

で、損切りを何回かした後によくすることと言えば
ダボハゼトレードです。(ところ構わずエントリーすること)
普段ならばエントリーポイントでもないところがエントリーポイントに見えてしまうんです。
待てなくなるんです。
なんとか損失を取り返そうとする感情が
意識上にはっきり浮かんだり、たとえはっきり意識されてなかったとしても
微妙に判断に影響を及ぼしてしまいます。
その結果いつもと違うトレードを繰り返して過剰トレードになり
損失をさらに大きくし、結果的にその日のデイトレ結果は惨憺たるものに・・・・・。

なのでこうなりやすい(損切りの後はダボハゼトレードをしやすい)
という事を頭の中に常に入れておくことも大事だと思います。

損切りをした後に取り返そうと思っちゃうことは普通のことですし、
本当は思わないようになれば理想なのですが、私のようにどうしても思っちゃうという場合は
自分の傾向を理解した上でその後をコントロールしていければと思います。

損切りが重なって損失が大きくなった時はよりいっそう待つようにします。
これもまた難しいんですがね~^^:
難しいなんて言っている場合じゃないですからね。

デイトレとは待つこと

デイトレのイメージは買ったり売ったりを激しく繰り返して
利益を積み重ねることのように思われるかもしれませんし、
実際そのようにして稼いでいらっしゃる人もいるでしょう。
ゲーム感覚でデイトレする人もきっといるのでしょうね。

私はそんなに速く判断したり機敏に行動したりできないタイプだと思っているので
ひたすらチャンスを待っています。
チャンスというのはできるだけ勝てる確率の高いポイントでエントリーできる瞬間が
来ていると確信する時のことです。
確率の高いポイントというのは私の鉄板ポイントです。
一番得意とするチャートが形成されている時です。

もちろん鉄板パターンでも損切りしなければならない状況になる時もあります。
でも得意パターンの時は勝つ確率が高いのでひたすらその時を待ちます。
待っていることがデイトレだと思っています。

「待て!」を躾けられたワンちゃんはとてもよく訓練されているなあと思いますし、
デイトレでもしっかり訓練しないと待つことができないです。
(訓練していても待てなかったりしますが・・・・^^;)

デイトレは訓練が必要です。
いきなりはじめて勝てるなんてことはないと思います。(一部のセンスある人を除いて)
「待つ」という訓練は簡単そうで以外に難しいです。

トレードセンスのある人がうらやましい

トレードセンスのある人はトレードをやり始めてすぐに勝てるようになるらしいです。
100人にひとりぐらいはそんな人がいるんかしら・・・・・。

私は戦略的思考回路がほとんどなく本能の赴くままに生活していましたから
そりゃあトレードでも勝てるわけがありません。
自分なりに苦労していろいろ考えていましたし、
レンジ相場のトレードの仕方やトレンドが出た時のトレードの仕方やら
本で基本は勉強したつもりでしたし、やり方もわかったつもりでした。

でも勝てない。

下落相場でしたと言い訳はできるかもしれませんが
それにしてもよく2年も負け続け、それでも辞めずにいたことです。

いつか必ずという気持ちがあったとは思いますが、
それにしてもしつこく頑張ったものです。

トレードで勝てる人は少ないと言いますが
ほとんどの人はトレードセンスがないということと、
トレードセンスがない人が勝てるようになるにはそれなりの時間がかかり
勝てるようになるまでトレードをやり続けることができないというのが
勝てない原因ということでしょうか。

私はできないことをこんなに長く頑張ったのは株のトレードがはじめてです。

普通のことは頑張ればそれなりの結果を感じることができるので
それを励みに頑張ることができるのですが
トレードはマイナス収支の期間はずっと敗北感を抱いたままで
頑張っても頑張っても微塵の結果も出すことができません。

「M」の気がある人の方が向いているかも。

勝てるようになった時ははっきり行って不思議でした。
これだけ本能の強い私でもトレードで勝てるようになったのだから
本当は続けていればもっと多くの人が勝てるようになるのだと思います。

結局、ある程度経験を積むまでエアトレードをするか極小資金で長く続けるかでしょうか。

最悪の時期に株のトレードをはじめる

マザーズ指数

最初に株のトレードをはじめたのはライブドアショック(2006年1月)の直後です。
素人のくせに値動きのいい新興市場銘柄をトレードしようとしてました。

最悪です。

新興市場(マザーズやジャスダック)銘柄は値動きが激しいので
大きく勝てるかわりに大きく負けるのです。
勝てもしない素人が新興市場銘柄に手を出せば大きく負けるのは当たり前。

なんせ当時は株は稼げるものだとばかり思っていましたし
株で損失を出している人の方が多いなんて知りませんでした。
値動きの大きい新興市場銘柄で大きく儲けることができると思っていました。

4~5冊の株の本を読んだ後
はじめはスイングトレード(数日ぐらい数週間株を保有)をしていたのですが
ライブドアショック以降3年ぐらい新興市場銘柄は下がり続けていたので
買っては損切り、買っては損切りの連続でした。

株のことを考えると毎日がストレスだらけで
どうして勝てないのかわかりませんでした。

素人が下げ相場で買いで勝てるほどトレードは甘くはありません。
(経験豊富でも上げ相場で買いで勝てないこともあるのに。)
2年ぐらいかなり痛い金額の損切りをし続けました。
トレードをはじめて1年後、デイトレをはじめました。
スイングからデイトレにしても勝てません。負ける金額が減った程度です。

はじめてから2年ほどたったぐらいに何故か勝てるようになりました。

その理由は新興市場銘柄のチャートの下げが止まってきたからです。
その後は信用取引もするようになり、空売りもするようになって
下げ相場であろうが上げ相場であろうがプラス収支を続けています。

東証一部銘柄もトレードしますが
株をはじめて以来ずっと新興市場銘柄ばかりを追っかけています。

よく途中で諦めずにトレードを続けたもんだと自分で感心しています。
ずっと負け続けていましたから「ここで辞めたら損失がこれ以上増えることはない」と
何度も株を辞めようと思ったことはあります。

 

証券会社

プロフィール

えす
家で稼げるようになりたくて株のデイトレをはじめました。思いっきり損切りを重ねた後ついに勝てるようになりました。日々のデイトレで感じたことを綴っています。

カテゴリ一覧

サイト内検索

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

ページの先頭へ

携帯情報端末